@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

【えい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典


えい
日本独自のの付属品の1つ。冠の縁を2分して額のほうを磯 (いそ) ,後方を海 (うみ) といい,海に挿し入れて垂らす細長い布を纓と称した。元来は令制の頭巾の結び余りから変化したもので,地質のような薄い地であったので,平安時代 (9世紀) に漆をはいて形を固定し,院政頃 (10世紀) より冠と纓が分離するようになった。形も初めは燕尾であったのが長方形となり,天皇の纓は高く直立する立纓 (りゅうえい) であるが,文官は垂纓 (すいえい) といって纓を垂れ下げ,武官巻纓 (けんえい) といって巻くのが普通であり,その巻き方も衣紋の流儀によって異なる。また六位以下の武官が警固駆馳 (くち) をする際には,挙動が便利なように纓筋だけの鯨鬚黒塗りのものを輪にして挿し,これを細纓 (ほそえい) と称した。葵祭,石清水祭,春日祭などに奉する衛士,馬副 (うまぞえ) はこれを用いる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

えい【×纓】
冠の付属具で、背後の中央に垂らす部分。古くは、髻(もとどり)を入れて巾子(こじ)の根を引き締めたひもの余りを後ろに垂らした。のちには、幅広く長い形に作って巾子の背面の纓壺(えつぼ)に差し込んでつけた。時代により形状が異なり、垂纓(すいえい)・巻纓(けんえい)・立纓(りゅうえい)・細纓(さいえい)・縄纓(なわえい)などの区別がある。
冠が落ちないようにあごの下で結ぶひも。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

えい【纓】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)


えい

古代以来、貴族階級が公服に用いた冠(かんむり)の付属物で、冠の後方に垂らす部分。飛鳥(あすか)時代後期に中国より導入されたイラン式の漆紗冠(しっしゃかん)は、髪を頭上に束ねた髻(もとどり)を、巾子(こじ)という筒に入れ、その上から袋状に仕立てた絹や布をかぶり、髻の根元を共裂(ともぎれ)の紐(ひも)で結んで締め、結び余りを後ろに垂らした。この垂らした部分を纓とよび、その形より燕尾(えんび)ともいった。平安時代に冠が大きく固くつくられるようになると、纓も幅広く長いものとなって、後ろにただ綴(と)じ付けて垂らした。鎌倉時代になると形式化して、纓の元を冠に取り付けた纓壺(えいつぼ)に上から差し込んで、しなって垂れ下がる形となった。凶事または非常の際には、纓を巻いて白木の柏夾(かしわばさみ)によって留めた。武官の用いるものは、内に巻いて巻纓(けんえい)とよび、黒く塗った夾木(はさみぎ)で留めた。六位以下の武官は、纓の輪郭である纓筋(えいすじ)だけを折り曲げて纓壺に差し込み、細纓(さいえい)といった。これに対して普通に垂らしたものを垂纓(すいえい)とよぶこととなった。

[高田倭男]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

えい【纓】
〘名〙
① 冠の装飾具。冠のうしろに長く垂れるもの。古くは、髻(もとどり)を入れて巾子(こじ)の根を引き締めた紐の余りを、うしろに垂らした。のちには、別に両端に骨を入れ羅(うすぎぬ)を張り、巾子の背面の纓壺(えつぼ)に、差し込んで垂らした。主として文官は垂纓(すいえい)、武官は巻纓(けんえい)で、江戸以降、天皇は立纓(りゅうえい)を用いた。五位以上は有文(うもん)、六位以下は無文。そのほか柏夾(かしわばさみ)、細纓(ほそえい)、縄纓(なわえい)があり全部で六種。
※蜻蛉(974頃)下「風はやきほどに、えひふきあげられつつたてるさま、絵にかきたるやうなり」
② 冠を固定するために、あごの下で結ぶ紐。
※性霊集‐四(835頃)請赦元興寺僧中璟罪表「伏乞、陛下、解網而泣辜、絶纓而報讎」
※正法眼蔵(1231‐53)春秋「泥裏有泥なり、踏者あしをあらひ、また纓をあらふ」 〔楚辞‐漁父〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

纓の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation