@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

【カン】

デジタル大辞泉

かん〔クワン〕【缶/×罐/×鑵】
《〈英〉canまたは〈オランダ〉kanから。「缶」「罐」「鑵」は当て字》
金属の薄い板で作った容器。特に、ブリキ製のものをいう。「石油―」
缶詰」の。「鮭(さけ)―」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

かん【缶〔罐〕】[漢字項目]
常用漢字] [音]カン(クヮン)(呉)(漢)
金属製の容器。「缶詰空き缶製缶
「缶詰」の略。「牛缶」
湯わかし器。「薬缶(やかん)
蒸気機関のかま。「汽缶
[補説]「罐」は本来「水を汲むつるべ」をさしたが、今は「缶」によって代用する。「缶」は「フ」が本来の音で、「腹のふくれた水がめ、ほとぎ」の意。1は英語canまたはオランダ語kanの音訳字。34は「鑵」と通用

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ほとぎ【缶】
《古くは「ほとき」》
昔、水などを入れた瓦製の器。胴が太く口が小さい。
「―を打って舞ひ給ふ」〈太平記・二六〉
湯殿で、産湯(うぶゆ)を使うのに用いたかめ。
「御湯参る。…取り入れつつ、むめて御―に入る」〈栄花・初花〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典

 缶詰に用いる金属容器

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ほとぎ【缶】
〘名〙 (古くは「ほとき」)
① 素焼きのうつわ。かめなど。特に、昔、湯水などを入れた、腹が太く口の小さい瓦器。古代中国の秦では、宴席でこれをたたいて歌に合わせたという。
※書紀(720)推古二五年六月(岩崎本訓)「出雲国言さく、神戸の郡に瓜有り。大きさ缶(ホトキ)の如し」
② 特に、中古、湯殿で産湯(うぶゆ)に用いたかめ。
※紫式部日記(1010頃か)寛弘五年九月一一日「御湯まゐる〈略〉うめつつ、女房ふたり、大木工馬くみわたして、御ほとき十六に余れば、いる」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

缶の関連情報

関連キーワード

生田萬(2)缶・鑵・罐缶・罐・鑵アポストロフィーバローズ金村修リンカーンの「ゲティスバーグの演説」化石賞不定詞

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation