@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

【わな】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典


わな
trap
や魚を捕獲するための仕掛け。罠を用いる猟法を罠猟という。で誘って落し穴に閉じ込めたり,また獣の通路に同様の仕掛けをしたり,針金などのくくり罠やはさみ罠を仕掛けて捕獲するなどさまざまであるが,捕獲対象とする鳥獣の種類,いけどりにするかどうかによって,罠は選定される。現在,日本では罠猟は鳥獣保護および狩猟に関する法律によって規定され,罠を仕掛けて鳥類を捕獲することは禁止されており,獣類については甲種狩猟免許を受けることなど,各種の規制がある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

わな【×罠/×羂/輪奈】
縄や竹などを輪の形にして、その中に入った鳥や獣を締めて生けどりにする仕掛け。転じて、網や落とし穴など、広く鳥獣を捕らえる仕掛けをいう。
人をだまして陥れるための計略。「うまい話には―がある」
(輪奈)ひもなどを輪状にしたもの。「―糸」「―織物」
「―の頭を横さまに引き出す事は常の事なり」〈徒然・二〇八〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

罠の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation