@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

罪と罰【つみとばつ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

罪と罰
つみとばつ
Prestuplenie i nakazanie
ロシアの作家 F.ドストエフスキー長編小説。 1866年発表。殺人を犯した大学生ラスコーリニコフが,娼婦ソーニャのキリスト教的愛と献身によって新生する。全世界を感動させた作品。日本では 1892~93年内田魯庵が初めて英本から翻訳。 1915年中村白葉ロシア語からの直接訳が出て広く親しまれた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

つみとばつ【罪と罰】
原題、〈ロシアPrestuplenie i nakazanieドストエフスキーの長編小説。1866年刊。貧しい大学生ラスコーリニコフは、選ばれた強者凡人のための法を無視する権利があるという超人思想から金貸し老婆を殺すが、罪の意識にさいなまれ、自己犠牲に生きる娼婦(しょうふ)ソーニャのすすめで自首する。キリスト教的愛の思想と人間回復への痛切な願望とをこめた作品。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

罪と罰
日本のポピュラー音楽は女性シンガーソングライター、椎名林檎。2000年発売。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

つみとばつ【罪と罰 Prestuplenie i nakazanie】
ロシアの作家ドストエフスキーの長編小説(1866)。〈生きとし生けるもの〉の世界からの強い隔絶感にとらえられた青年ラスコーリニコフが,破壊欲に誘われて金貸の老婆とその妹をで殺す。警察の心理的追及と娼婦ソーニャの同情圧力に押されて,彼は自首し,シベリアで懲役刑に服する。そこで,苦しい隔絶感が消えて,神の体としての世界との共感が回復しはじめる。以上のラスコーリニコフの〈心理報告〉と〈酔いどれ〉マルメラードフの物語とが合体して小説《罪と》はできている。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

罪と罰
つみとばつ
Преступление и наказание/Prestuplenie i nakazanie

ロシアの作家ドストエフスキーの長編小説。1866年『ロシア報知』誌に発表。世界文学の最高傑作の一つ。近代都市の様相を帯び、作中に登場する小官吏マルメラードフのいうような「どこへも行き場のない」人々にあふれるペテルブルグの裏町が舞台である。

 貧乏学生ラスコーリニコフは病的な思索のなかで、ナポレオン的な選ばれた強者は人類のために社会の道徳律を踏み越える権利をもつとの結論に達し、「しらみ」のような金貸しの老婆を殺すことでこの思想を実践に移す。だがこの行為は、思いがけず罪の意識におびえ「人類との断絶感」に苦しむ惨めな自分を発見させる。敏腕の予審判事ポルフィリーの嫌疑には論理的に立ち向かいながらも、罪の重荷に耐えきれなくなった彼の心情は、自己犠牲と苦悩に徹して生きる「聖なる娼婦(しょうふ)」ソーニャを罪の告白の相手に選び、また情欲を絶対化する背徳者スビドリガイロフの謎(なぞ)めいた生と死に自己の理論の醜悪な投影をみて、ついに自首を決意し、シベリアに送られる。

 作者はキリスト教的信仰の立場から西欧合理主義、革命思想を断罪しようとしたかにみえるが、作品はそうした意図を超えて、時代の閉塞(へいそく)状況のなかでくすぶる人間回復への願望を訴えるヒューマニズムの書となっており、また「魂のリアリズム」とよばれるこの作家独自の方法は、犯罪を媒介にこの小説を人間存在の根本への問いかけとした。

 全編が精密なからくり装置にも例えられる構造をもち、神話、フォークロア、古今の文学が文体を通して一つの作品に反映されるみごとさは、この作品を近代小説形式の最高の達成ともしている。

[江川 卓]

『江川卓訳『罪と罰』(『世界文学全集37』1977・学習研究社)』『米川正夫訳『罪と罰』(新潮文庫)』『江川卓著『謎とき「罪と罰」』(1986・新潮社)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

つみとばつ【罪と罰】
(原題Prjestupljenije i nakazanije) 長編小説。ドストエフスキー作。一八六六年成立。自己の理性を過信し金貸しの老婆を殺した大学生ラスコーリニコフが、罪の意識におびえるようになり、心美しい娼婦ソーニャとの出会いによって、自首を決意し、シベリアに送られるまでの心理的葛藤の変遷を描く。愛と忍従の思想を人間心理の深みにさぐりあてた。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

罪と罰
つみとばつ
Prestuplenie i Nakazanie
ロシアの小説家ドストエフスキーの長編小説
1866年刊。大学生ラスコリニコフの傲慢 (ごうまん) と無神論に,温順信仰の娼婦ソーニャを対立させた名作

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

罪と罰」の用語解説はコトバンクが提供しています。

罪と罰の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation