@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

置換反応【ちかんはんのう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

置換反応
ちかんはんのう
substitution reaction
単に置換ともいう。有機化合物分子中の原子または原子団を,ほかの原子または原子団に置き換える反応求核置換反応求電子置換反応に大別される。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ちかんはんのう【置換反応】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

置換反応
ちかんはんのう
replacement reaction

分子やイオンなどの中のある原子団や原子が、ほかの原子や原子団(置換基)によって置き換えられる反応を一括して置換反応という。

  AB+C―→AC+B
 有機化学では、置換反応を反応試薬により分類して、アニオノイド試薬の攻撃によりおこる置換を求核置換反応(SN型)、カチオノイドの攻撃によりおこる置換を求電子置換反応(SE型)、遊離基(フリーラジカル)による置換をラジカル置換反応(SR型)とよんでいる。Sは置換substitutionの頭文字をとった記号である。有機化合物の合成によく用いられるフリーデル‐クラフツ反応、ニトロ化、ハロゲン化などの重要な反応はほとんど置換反応である。同位体原子による置換、たとえばジュウテリウムやトリチウムによる置換は、とくに同位体交換という。

 無機化合物の世界では、同位体交換反応isotopic exchange reactionのほかに、錯体における配位子の交換が重要である。配位子が水分子で置換される反応はアクア化(以前はアコ化といった)、逆に配位している水分子が陰イオンで置換される反応はアネーションとよばれている。

 ときとして、複分解反応を置換反応とよぶことがあるが、現在ではこのような使用例は珍しくなった。

[山崎 昶]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

置換反応」の用語解説はコトバンクが提供しています。

置換反応の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation