@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

置換基【ちかんき】

世界大百科事典 第2版

ちかんき【置換基】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

置換基
ちかんき
substituentsubstitution group
有機化合物の水素原子を他の原子または原子団により置き換えた誘導体において、水素と置き換わった原子または原子団をさす一般的な呼称。
 たとえば、ベンゼンの水素原子1個を塩素原子-Clで置き換えるとクロロベンゼン、カルボキシ基-COOHで置き換えるとベンゼンカルボン酸(安息香酸)、ニトロ基-NO2で置き換えるとニトロベンゼンになる。この場合、塩素原子、カルボキシ基、ニトロ基は置換基である。ベンゼン環のかわりに、ナフタレンやアントラセンなどの縮合芳香族、ピリジンやチオフェンなど複素芳香族の芳香環の水素原子を他の原子または原子団により置き換えた場合や、エタンのような脂肪族炭化水素やエチレン系、アセチレン系の炭化水素の水素を他の原子、原子団で置換した場合も、水素にかわる原子、原子団を置換基という。エタノール(エチルアルコール)はエタンの水素一つをヒドロキシ基で置換した化合物で、ここではヒドロキシ基が置換基である。ベンゼンの水素原子1個をメチル基で置き換えたメチルベンゼン(通称トルエン)の場合にも、メチル基を置換基とみなす。一般に、アルキル基などの炭化水素基は、置換を受ける骨格として取り扱われる場合と置換基として取り扱われる場合の両方がある。クロロ基、カルボキシ基、ニトロ基のようにヘテロ原子を含み極性や反応性などで特有な機能をもつ置換基を、アルキル基などの炭化水素基と対比して、官能基という。置換基の定義は相対的であり、化合物のどの部分を基本骨格とするかにより変わるので注意が必要である。[廣田 穰]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

置換基」の用語解説はコトバンクが提供しています。

置換基の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation