@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

置物【オキモノ】

デジタル大辞泉

おき‐もの【置物】
神仏に供える物。
床の間などに置く飾り物。
見かけだけで、実際にはなんの力も権限もない人。「置物の会長」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

おきもの【置物】
床の間や机の上などに、装飾のため据え置く物。
形だけで実際には役に立たない人。
神仏の前に置いて供える物。 此より始めて厳瓮いつへの-有り/日本書紀 神武訓
衣服につけて、飾りにする物。 上着・唐衣には、花結び、ぬひもの、-、かねをのべ/たまきはる

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

おき‐もの【置物】
〘名〙 すえて置くもの。
① 神仏の前に置いて、供える物。
※書紀(720)神武即位前戊午年九月(熱田本訓)「此より始めて厳瓮(いつへ)の置(ヲキモノ)有り」
② 室内、特に床の間や机の上などにすえ置いて、装飾とする器物。
※吾妻鏡‐暦仁元年(1238)一一月一七日「於御所和歌御会。〈略〉有盃酒置物等云々」
③ 衣服につけて、飾りにする物。
※たまきはる(1219)「上着、唐衣には、花結び、ぬひもの、おき物、かねをのべ、箔をおし、などしあひたりき」
④ 実際の用に立てるのではなく飾り物のように扱うこと。また、その扱われるもの。
※雑俳・滑稽発句類題集(1817‐31)二「置物にする女房は獅子っ鼻」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

置物」の用語解説はコトバンクが提供しています。

置物の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation