@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

羅貫中【らかんちゅう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

羅貫中
らかんちゅう
Luo Guan-zhong
中国,元末明初の小説家劇作家太原 (山西省) の人。本名,羅本。,湖海散人。貫中は。至正 24 (1364) 年に在世した記録があるほかは経歴が不明だが,最下級小役人であったと考えられている。,元代に流行した話本 (わほん) をもとに口語長編小説をつくった先駆者で,『三国志演義』,施耐庵との共著水滸伝』の二大傑作をはじめ,『隋唐演義』『残唐五代史演義』『平妖伝』などの作がある。戯曲は3作が記録されるが『趙太祖竜虎風雲会』だけが存する。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ら‐かんちゅう〔‐クワンチユウ〕【羅貫中】
中国、元末・明初の小説家。太原(山西省)の人。名は本(ほん)、号は湖海散人。三国志演義」「隋唐演義」「平妖(へいよう)」など。「水滸(すいこ)伝」の編者または作者の一人ともいう。生没年未詳。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

らかんちゅう【羅貫中 Luó Guàn zhōng】
中国,元末・明初の戯曲小説の作家。その伝記はほとんど不明で,太原(現,山西省太原市)の人であり,湖海散人と号したことが知られるにすぎない。1330‐1400年のあいだ生存していたと推定される。また彼が活動していたのは主として江浙(現,江蘇・浙江2省)地域であったらしいことが彼の《三国演義》の記述のはしばしから,うかがわれる。戯曲の作品は《趙太祖竜虎風雲会》一種が存するだけだが,それは宋の初めの歴史を扱ったものであった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

羅貫中
らかんちゅう
(1330?―1400?)

中国、元末明(みん)初にかけての大小説家、戯曲家。名を本(ほん)といい、貫中はその字(あざな)である。湖海散人と号した。太原(山西省)の人。性格は狷介(けんかい)とされる。元末張士誠(ちょうしせい)の幕客となって抗元運動に参加し、銭塘(せんとう)において施耐庵(したいあん)とともに『水滸伝(すいこでん)』をつくったともされる。数十種の長編小説を書いたといわれ、代表作は『三国志平話(へいわ)』に基づいた『三国志演義』だが、『隋(ずい)唐両朝史伝』『残唐五代史演義』『三遂平妖伝(さんすいへいようでん)』などがいまに残されている。戯曲としては3編の雑劇を著したことが知られるが、『宋(そう)太祖竜虎風雲会』のみが現存している。

[大塚秀高]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ら‐かんちゅう ‥クヮンチュウ【羅貫中】
中国元末・明初の文人。名は本、貫中は字。号湖海散人。山西太原の人。「三国志演義」「隋唐演義」「平妖伝」などの通俗小説や戯曲などを多く書き、また、「水滸伝」の作者にも擬せられている。生没年未詳。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

羅貫中」の用語解説はコトバンクが提供しています。

羅貫中の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation