@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

羈絆【キハン】

デジタル大辞泉

き‐はん【××絆】
《牛馬をつなぐから》足手まといとなる身辺の物事。きずな。ほだし。
「この世の―と濁穢(じょくえ)を脱ぎ捨てる」〈寅彦・藤棚の陰から〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

き‐はん【羈絆】
〘名〙 (「羈」も「絆」も、つなぎとめる意) つなぎとめること。また、行動する時の足手まといになること。または、そのもの。ほだし。きずな。
※本朝無題詩(1162‐64頃)七・旅亭〈藤原周光〉「生涯零落無覊絆、遊蕩久忘栄利家」 〔魏志‐陳思王植伝注〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

羈絆」の用語解説はコトバンクが提供しています。

羈絆の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation