@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

羊歯植物【シダショクブツ】

デジタル大辞泉

しだ‐しょくぶつ【羊歯植物】
維管束植物一群世代交代をし、無性世代胞子体)は・葉からなり、葉の裏面胞子嚢(ほうしのう)をつけ、胞子をつくる。有性世代は散布された胞子が発芽してできた前葉体配偶体)で、これに生じた卵子と精子が受精すると、また胞子体となる。数センチのものから、数メートルの高さになる木生シダまである。ウラジロワラビヘゴなど約1万種が知られ、化石も多い。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

しだしょくぶつ【羊歯植物】
植物界の一門。コケ植物と種子植物の間に位置する。古生代、特に石炭紀に栄え化石として出土。世代交代を行う。無性世代は大形で茎・葉・根に分化するものが多く、減数分裂によって胞子をつくる。胞子は発芽してきわめて小形だが独立した前葉体をつくり、これにできた精虫と卵が受精して再び無性世代となる。世界に約一万種あり、マツバラン・ヒカゲノカズラ・トクサ・シダの四綱に大別。羊歯類。シダ。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しだ‐しょくぶつ【羊歯植物】
〘名〙 シダ類、ヒカゲノカズラ類、トクサ類、マツバラン類からなる植物分類学上の名称。維管束の発達した根、茎、葉の三器官に分化した体をもつ。種子を形成するまで進化しておらず胞子によって繁殖する。胞子は母体から離れて発芽し、配偶体(前葉体)となる。すでに古生代中期に出現していたことが化石から知られ、特に石炭紀にはリンボク、ロボクなどが大森林を形成していた。現在では熱帯を中心として世界に広く分布し、約一万種類が知られ、日本には約五〇〇種がある。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

羊歯植物」の用語解説はコトバンクが提供しています。

羊歯植物の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation