@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

羊頭狗肉【ようとうくにく】

日本大百科全書(ニッポニカ)

羊頭狗肉
ようとうくにく

「羊頭を掲げて狗肉を売る」の略で、羊の頭を看板に掲げながら、羊の肉を売らずに犬の肉を売るとの意。看板は上等でも、実際に売る品物がごまかし物で劣悪であること、転じて、見せかけや触れ込みはりっぱでも、実質が伴わないことをいう。『無門関』や『五燈会元(ごとうえげん)』などを出典とするが、「羊頭を掲げて馬輔(ばほ)(馬の肉)を売る」(『後漢書(ごかんじょ)』)、「牛の首を門に掲げて馬肉を内に売る」(『晏氏春秋(あんししゅんじゅう)』)などの語句もある。

[田所義行]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ようとう‐くにく ヤウトウ‥【羊頭狗肉】
〘名〙 (「ようとう(羊頭)をかかげて狗肉を売る」の略から) 表面と内容とがくいちがうこと。
※水流雲在楼集(1854)下・七尾雑題「回顧却慚城市俗、羊頭狗肉互偸真」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

四字熟語を知る辞典

羊頭狗肉
外見や表面と内容が一致していないことのたとえ。宣伝や見かけなどはりっぱであるが、内容が伴っていないことのたとえ。

[使用例] 羊頭狗肉を逆に木綿の表にの裏をつけ、その絹もなるべく光らないでなるべく悪い物に見せる必要があった[矢田挿雲*江戸から東京へ|1921]

[解説] 「羊頭を掲げて狗肉を売る」の。看板には頭を懸けておきながら、実際にはいぬの肉を売ること。

出典:四字熟語を知る辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ようとう‐くにく〔ヤウトウ‐〕【羊頭×狗肉】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

羊頭狗肉」の用語解説はコトバンクが提供しています。

羊頭狗肉の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation