@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

美しく青きドナウ【ウツクシクアオキドナウ】

デジタル大辞泉

うつくしくあおきドナウ〔うつくしくあをき‐〕【美しく青きドナウ】
原題、〈ドイツ〉An der schönen, blauen Donauヨハン=シュトラウス2世作曲のワルツ。1867年作。初め男声合唱曲として作られ、のちに管弦楽用に編曲ウィンナワルツの代表作。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

美しく青きドナウ
オーストリアの作曲家ヨハンシュトラウス2世の管弦楽によるワルツ(1867)。原題《An der schönen, blauen Donau》。男声合唱付きの管弦楽曲として作曲されたが、管弦楽器用に編曲された。『ウィーンの森の物語』とともに最も有名なウィンナワルツとして知られる。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

美しく青きドナウ
うつくしくあおきどなう
An der schönen, blauen Donau

ヨハン・シュトラウス2世(ワルツ王)が1867年に作曲したウィンナ・ワルツ(作品314)。その前年オーストリアはプロイセン・オーストリア戦争に敗れ、かつてのウィーンの栄光は色あせてしまった。人々は苦悩と失意のうちにあり、国を憂うシュトラウスは、ドナウの流れをたたえたカール・ベックの詩に感動し、敗戦の痛手をいやし人心を鼓舞するようなワルツの作曲を思い立った。この詩の最終行を題名として、合唱付きワルツを作曲、すぐに管弦楽用に書き直し、大好評を博した。以来『ウィーンの森の物語』(1868)とともに、もっともポピュラーなワルツとして名をはせ、母国の自然をたたえる曲の性格から、現在では「オーストリアの第二国歌」とまでいわれている。

[三宅幸夫]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

うつくしくあおきドナウ うつくしくあをきドナウ【美しく青きドナウ】
(原題An der schönen, blauen Donau) ウィンナワルツの代表作。ヨハン=シュトラウス二世作曲。一八六七年作。男声合唱曲として作られ、のちに管弦楽用に編曲。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

美しく青きドナウ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

美しく青きドナウの関連情報

関連キーワード

紫斑病性腎炎ファスビンダーシュレンドルフアルス・エレクトロニカシュリンクケーラーハウザーベルグラーフパナマレンコリーフェンシュタール

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation