@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

美人画【ビジンガ】

デジタル大辞泉

びじん‐が〔‐グワ〕【美人画】
女性の美しさを鑑賞対象として描いた絵画。日本では、特に江戸初期の風俗画に始まり、以後浮世絵主流となって発展した。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本文化いろは事典

美人画
美人画とは、女性の美しさを強調して描いた絵の事を言います。江戸時代の浮世絵に始まり、明治末から昭和初期にかけて活躍した竹久夢二の木版画などに代表 される日本画の一大ジャンルです。絵のモデルとなるのは、人気のある遊女や花魁〔おいらん〕、町娘などですが、稀に少年を中性的に描いた絵を含める場合も あります。

出典:シナジーマーティング(株)

世界大百科事典 第2版

びじんが【美人画】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

美人画
びじんが

男女の美しい容姿を鑑賞の目的とした絵画。主として東洋画についていう。中国では、唐代に生命の木の下に男女を立たせた「樹下美人図」が流行、その影響を伝える日本の正倉院宝物『鳥毛立女屏風(とりげりつじょのびょうぶ)』やトゥルファンのアスターナ出土品などの遺例がある。また宮廷女官の風俗を描く仕女図(しじょず)も行われ、唐代の張萱(ちょうけん)、周昉(しゅうぼう)、五代の周文矩(しゅうぶんく)がよくし、明(みん)代の仇英(きゅうえい)や清(しん)代の改琦(かいき)、費丹旭(ひたんきょく)までその伝統は引き継がれた。

 日本では、鎌倉時代以来の歌仙絵、室町後期以来の武将婦人像など、肖像画かそれに類する人物画に萌芽(ほうが)をもち、江戸時代初期以降に本格化して独立した主題分野となる。近世初期風俗画は寛永(かんえい)年間(1624~1644)を境に変質し、芝居町や遊里などの悪所(あくしょ)における遊楽に関心を限定させていくが、同時に人物像の洗練が主要な課題とされた。その結果、寛文(かんぶん)年間(1661~1673)のころには、掛幅の画面に遊女や舞妓(ぶぎ)、若衆(わかしゅ)らの立姿を単独で扱う形式にまで至り着き、「寛文美人画」(あるいは「寛文美人」)と総称される立美人図の典型を生む。そのころ江戸に浮世絵を創始した菱川師宣(ひしかわもろのぶ)は、木版画を新しい表現媒体として生命力にあふれる美人像を確立、以後美人画は浮世絵の主流として定着した。

 浮世絵美人画は、遊女を中心として、芸者、水茶屋の女、あるいは市井の娘や女房に及ぶほか、女方の歌舞伎(かぶき)役者や少年(若衆)など男性の麗姿をまで対象とし、18世紀初頭の鳥居清倍(とりいきよます)は一時これを「嬋娟画(せんけんが)」(嬋娟とは、たおやかで美しいの意)とよんだ。同世紀末の喜多川歌麿(きたがわうたまろ)は、美人画の第一人者と自負して他の追随者を「木の葉絵師」とそしり、自作の錦絵(にしきえ)『錦織歌麿形新模様』の画面上に「(略)美人画の実意を書て世のこの葉どもに与ることしかり」と記した。このころ「美人画」ということばが一般化したことを知る。美人画を得意とした江戸の浮世絵画家としてはほかに、懐月堂安度(かいげつどうあんど)、宮川長春(みやがわちょうしゅん)という肉筆専門の画家に加えて、錦絵期の鈴木春信(すずきはるのぶ)、勝川春章(かつかわしゅんしょう)、鳥居清長、細田栄之(ほそだえいし)、葛飾北斎(かつしかほくさい)、歌川豊国(うたがわとよくに)、歌川国貞(うたがわくにさだ)、渓斎英泉(けいさいえいせん)らがいる。上方(かみがた)では、京都の西川祐信(にしかわすけのぶ)が肉筆画と版画の両分野で際だった活躍をし、同じく京都の祇園井特(ぎおんせいとく)、大坂の月岡雪鼎(つきおかせってい)らがその後を継いで、上方特有の濃艶(のうえん)で現実感に富む女性像に特色を発揮した。浮世絵以外では円山応挙(まるやまおうきょ)とその一派、文人画の渡辺崋山(わたなべかざん)、琳派(りんぱ)の鈴木其一(すずききいつ)などが、それぞれに清らかで気品のある美人画風を開拓した。明治以降の日本画においても、浮世絵の系譜を引いた鏑木清方(かぶらききよかた)や伊東深水(いとうしんすい)が東京で、円山派の伝統につながる上村松園(うえむらしょうえん)が京都で、近代的感覚の新鮮な美人画を生み出し、東西で競作した。

[小林 忠]

『小林忠著『江戸の美人画』(1982・学習研究社)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

びじん‐が ‥グヮ【美人画】
〘名〙 美しい女性を描いた絵。美人絵。
※青春(1905‐06)〈小栗風葉〉春「然ながら明治新時代の時世粧を美人画で見るやうだと欽哉は思った」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

美人画
びじんが
江戸時代,浮世絵の中心題材となった女性美を主題とする絵
初期は肉筆画。17世紀後半,菱川師宣らが版画として普及させ,技術も進歩した。18世紀後半の鈴木春信以後,多色摺 (ずり) の錦絵に発展,喜多川歌麿・鳥居清長らが出て全盛期を迎えたが,幕末に沈滞した。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

美人画」の用語解説はコトバンクが提供しています。

美人画の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation