@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

美作【みまさか】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

美作
みまさか
岡山県北東部,美作市西部の旧町域。吉井川支流吉野川流域にある。 1953年林野町,湯郷町の2町と,豊田村,楢原村,豊国村の3村が合体して美作町が成立。 1954年巨勢村と粟広村の一部,1956年公文村の一部をそれぞれ編入。 2005年勝田町,大原町,東粟倉村,作東町,英田町と合体して美作市となった。中心地区の林野は吉野川と梶並川の合流点付近に位置し,河港として発展。周辺では米作のほか,野菜,果樹栽培が行なわれ,丘陵地を利用したチャ (茶) の栽培も盛ん。湯郷温泉がある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

みまさか【美作】
旧国名の一。現在の岡山県北東部。和銅6年(713)備前国から分国。作州(さくしゅう)。
岡山県北東部にある市。市南部を出雲(いずも)街道が、北部を因幡(いなば)街道が通り、江戸時代には出雲街道の土居、因幡街道の大原(古町)が宿場町として栄えた。美作三湯の一つ湯郷(ゆのごう)温泉がある。平成17年(2005)3月に勝田町、大原町、東粟倉村、美作町、作東町、英田(あいだ)町が合併して成立。人口3.1万(2010)。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

みまさか【美作】
旧国名の一。岡山県北東部に相当。作州。
岡山県北東部の市。ほとんどが山地と丘陵で、吉井川とその支流の吉野川が流れる。農林業が中心。西部には湯郷ゆのごう温泉がある。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

美作
みまさか
岡山県東部、英田郡(あいだぐん)にあった旧町名(美作町(ちょう))。現在は美作市の南西部を占める地域。旧美作町は、1953年(昭和28)英田郡林野(はやしの)町と楢原(ならはら)、豊田の2村、勝田(かつた)郡湯郷(ゆのごう)町と豊国(とよくに)村が合併して成立。2005年(平成17)勝田郡の勝田町、英田郡の大原、作東(さくとう)、英田の3町および東粟倉(ひがしあわくら)村と合併して市制施行、美作市となった。津山盆地南東部にあり、吉井川の支流吉野川、梶並(かじなみ)川、滝川が合流する。中心地区の林野はもと美作倉敷(くらしき)といい、高瀬舟交通や倉敷往来の宿のある交通の要地で、近世の一時期には幕府代官所も置かれた。JR姫新(きしん)線、国道179号、374号、中国自動車道が通じ、美作インターチェンジがある。美作市役所、美作県民局勝英(しょうえい)支局がある商業中心地。また、インターチェンジの近くには中尾工業団地がつくられている。特産物に海田(かいた)の茶がある。湯郷温泉は美作三湯(さんとう)の一つとして知られる。「美作町の地下芝居(みまさかちょうのじげしばい)」は江戸時代に始まるもので県指定無形民俗文化財。[由比浜省吾]
『『美作町史』全3巻(2003~2004・美作町)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

みまさか【美作】
[一] 山陽道八か国の一つ。古くは備前国に属したが、和銅六年(七一三)一国となる。平安時代は荘園が多く、中世は土肥・梶原・赤松・山名氏の抗争ののち、宇喜多氏の所領となる。江戸時代は津山・勝山・鶴田(たずた)の三藩と諸藩の飛地に分かれ、廃藩置県後、北条県を経て明治九年(一八七六)岡山県北部となる。作州。
[二] 岡山県北東部の地名。吉井川の支流、吉野川と梶並川流域を占める。中国自動車道、JR姫新線、智頭急行が通じる。美作三湯(みまさかさんとう)の一つ湯郷(ゆのごう)温泉がある。平成一七年(二〇〇五)市制。
[三] 雅楽の曲名。催馬楽の呂の歌。二段。三拍子。明治の初めに宮内省で選定した曲目からは除かれていたが、昭和の初めに一部復活した。「楽家録‐六」に「みまさかやくめのささやまさらさらになよやなよや」として所収。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

美作」の用語解説はコトバンクが提供しています。

美作の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation