@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

美和【みわ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

美和
みわ
愛知県西部,あま市北西部の旧町域。濃尾平野の南東部に位置し,名古屋市北西にある。1958年町制。2010年七宝町,甚目寺町の 2町と合体してあま市となった。米作,野菜,花卉の栽培が行なわれる。電気機器,金属,機械,家具の工場が立地。人口増加が著しく,名古屋市への通勤者が多い。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

美和
みわ
山口県東部,岩国市北東部の旧町域。錦川支流の生見川中流域にあり,東部は小瀬川に広島県と接する。 1956年美和と坂上村が合体して美和町成立。 2006年岩国市,由宇町,玖珂町,本郷村,周東町,町,美川町の1市5町1村と合体して岩国市となった。山代高原の東部にあり,北東部は山岳地帯。米作が行なわれ,クリを特産する。北部は羅漢山県立自然公園に属する。北部に小瀬川ダム,南東部に弥栄ダム,南西部に生見川ダムがある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

美和
みわ
茨城県北西部,常陸大宮市北西部の旧村域。八溝山地の山間に位置する。 1956年檜沢村と嶐郷 (りゅうごう) 村が合体して美和村が発足。 2004年御前山村,山方町,緒川村とともに大宮町に編入され,名称変更および市制施行により常陸大宮市になった。農林業が主で,畜産,果樹栽培が行なわれる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

美和」の用語解説はコトバンクが提供しています。

美和の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation