@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

美濃焼【ミノヤキ】

デジタル大辞泉

みの‐やき【濃焼】
美濃国の南東部、現在の岐阜県多治見市を中心に産する陶磁器桃山時代志野焼織部焼黄瀬戸などが焼造された。多治見焼

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

美濃焼
岐阜県多治見市、土岐市などの東濃地方で生産される伝統的な焼物総称。製造の起源古墳時代須恵器にまで遡り、桃山時代に生まれた志野、黄瀬戸、織部などがよく知られる。国指定伝統的工芸品。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

みのやき【美濃焼】
岐阜県多治見市,土岐市,瑞浪(みずなみ)市,可児(かに)市,笠原町など,東濃西部一帯で焼かれている陶磁器の総称。現在,全国の陶磁器生産の約20%を占め,瀬戸に次いで産額を誇っている。その源流は7世紀代に始まった須恵器生産にあるが,平安時代中期には愛知県猿投(さなげ)窯の影響を受けて白瓷生産を,平安末から室町中期にかけて白瓷系陶器(山(やま)茶碗)を,室町前期からは古瀬戸系施釉陶器を焼いており,広義の猿投窯系陶器の一分枝とみることができる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

みのやき【美濃焼】
岐阜県南東部、土岐とき・可児かに・恵那えな地方から産する陶磁器。桃山期に志野・織部・黄瀬戸などのすぐれたものが作られた。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

美濃焼
みのやき
岐阜県南部一帯の、かつての美濃国で焼成された陶磁器の総称。狭義には室町後期の15世紀に始まる瀬戸黒(せとぐろ)、黄瀬戸(きせと)、志野焼、織部(おりべ)焼などをさす。源流は、古墳時代に美濃須衛(すえ)窯(岐阜市、各務原(かかみがはら)市)が開かれ、須恵器(すえき)が焼かれたことに始まる。平安中期の10世紀ごろには、灰釉(かいゆう)や緑釉をかけた施釉陶が多治見(たじみ)の窯(かま)で焼かれ、尾張(おわり)(愛知県)の陶技の余波を受けて美濃窯も灰釉陶の産地として復活した。平安末期から室町時代にかけてこの灰釉陶系陶器(山茶碗(ちゃわん))は今日の多治見、土岐(とき)の両市に広がり、室町前期からは古瀬戸系施釉陶器が焼造された。
 室町中期の15世紀になると、この地方は瀬戸焼の傘下に入り、穴弘法(あなこうぼう)窯、妻木(つまぎ)窯などが勃興(ぼっこう)、大窯(おおがま)とよばれる新形成の窯で、輸入中国陶磁に倣った灰釉陶や黒釉陶を生産し始めた。桃山時代になると、牟田洞(むたぼら)、窯下(かました)窯、中窯(なかがま)(いずれも可児(かに)市)などで、有名な志野、黄瀬戸の製品がつくられたが、この新製品は主としてわびの茶具(水指(みずさし)、花いけ、茶碗、懐石道具など)で、桃山時代の創造性をみごとに開花させた。
 桃山後期には元屋敷窯(土岐市久尻(くじり))が開かれ、緑釉と鉄絵を組み合わせたいわゆる織部陶が創造され、桃山陶芸に新生面を開いた。その後、灰釉が洗練開発されて御深井(おふけ)釉ができ、江戸初頭の新しい茶風にこたえたが、すでに時の主流としての声価は受けず、窯は一挙に地方化していった。江戸時代の美濃地方の陶窯は、土岐、多治見、可児、瑞浪(みずなみ)の各市に広がり、江戸後期の19世紀前半には磁器の焼造も始まり、美濃各地にそれぞれ特色ある窯業が興隆した。
 明治に入って近代化の波にのり、輸出用磁器を軸に急速に生産も伸びた。昭和に入って荒川豊蔵(あらかわとよぞう)により桃山茶陶の復興が提唱され、今日の伝統産業としての隆盛をみている。[矢部良明]
『楢崎彰一編『日本陶磁全集9 瀬戸・美濃』(1976・中央公論社) ▽『世界陶磁全集5 桃山2』(1976・小学館)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

事典 日本の地域ブランド・名産品

美濃焼[陶磁]
みのやき
東海地方、岐阜県の地域ブランド。
美濃地方産の陶磁製かま・土鍋・土瓶・食器類・水筒・こしょう入れ・砂糖入れ及び塩振り出し容器・卵立て・ナプキンホルダー及びナプキンリング・ようじ入れ・しゃもじ・すりばち・大根卸し・なべ敷き・はし・レモン絞り器・箸置き・食卓ベル・散蓮華・植木鉢・じょうろ・貯金箱・花瓶及び水盤・風鈴・土鈴・香炉・せっけん入れ・歯ブラシ入れ・ろうそく立て・愛玩動物用食器・お守り・せっけん用ディスペンサー・ティッシュ取り出し用箱・置物・額皿・タイル。美濃焼とは、岐阜県の多治見市・土岐市・瑞浪市を地域とする産地で生産される陶磁器の総称。この地域は粘土や窯を焚くための燃料が豊富で、古来より焼き物がつくられていた。現在では全国の食器類の50%以上が生産されている。1978(昭和53)年7月、通商産業大臣(現・経済産業大臣)によって国の伝統的工芸品に指定。上記の陶磁製品のうちタイル以外については、2007(平成19)年2月、特許庁の地域団体商標に登録された。商標登録番号は第5027724号。地域団体商標の権利者は、岐阜県陶磁器工業協同組合連合会・岐阜県陶磁器卸商業協同組合連合会。タイルについては、2007(平成19)年11月、特許庁の地域団体商標に登録された。商標登録番号は第5090533号。地域団体商標の権利者は、岐阜県陶磁器工業協同組合連合会・岐阜県タイル商業協同組合連合会。

出典:日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

みの‐やき【美濃焼】
〘名〙 美濃国(岐阜県)多治見を中心に産出する陶磁器の総称。桃山時代に志野焼、織部焼、黄瀬戸が焼造された。多治見焼。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

美濃焼」の用語解説はコトバンクが提供しています。

美濃焼の関連情報

他サービスで検索

「美濃焼」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation