@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

美濃紙【みのがみ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

美濃紙
みのがみ
岐阜県(→美濃国)で生産される和紙の総称。美濃和紙ともいう。半紙より判が大きく,強く優良な紙質で有名。古来,美濃地方は有数の和紙生産地で,奈良時代以降の各時代の文献に美濃紙についての記述が多く見られる。江戸時代には美濃紙の障子紙が最高紙であるとの評価を受けた。今日でも文書の写し,書状の包み,障子紙,トレーシングペーパーなどに使われる。美濃市牧谷地区で生産される本美濃紙は,伝統的な生ずき製法によるコウゾのみを用いた強靭な紙で,国の重要無形文化財に指定されており,2014年には世界無形遺産に登録された。コウゾ皮に化学パルプその他を混合した普通美濃紙,ミツマタ皮を用いた改良美濃紙がある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

みの‐がみ【濃紙】
美濃(岐阜県)産の和紙の総称。奈良時代から優良品として知られ、書院紙森下紙天具帖(てんぐじょう)ほか種類も多い。特に書院紙は有名で、美濃紙の異称ともなった。直紙(じきし)。みのし。みの。
[補説]このうち本美濃紙は、平成26年(2014)「和紙 日本の手漉(てすき)和紙技術」の名称で、細川紙石州半紙とともにユネスコ無形文化遺産に登録された。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

みのがみ【美濃紙】
岐阜県美濃市で漉(す)かれている和紙の総称。書院紙ともいう。古代において,美濃国は最も製紙の盛んな国であった。日本最古の紙は702年(大宝2)の美濃,筑前,豊前の戸籍用紙であるが,そのなかでも美濃の紙は純コウゾ皮を原料としたので,繊維が均等に絡みあって,漉きむらがなく優れている。古代の美濃紙は国府(不破郡垂井町)を中心として,揖斐(いび)川流域で漉かれたものと想像される。中世になって,美濃紙の技術はさらに向上し,各種の紙を漉き出すようになった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

みのがみ【美濃紙】
こうぞで漉いた和紙。古く奈良時代から用いられた。美濃の武儀郡(現在の美濃市)から多く産出され、中世以降全国に普及。紙質は丈夫で厚く虫食いにも強く、文書の写し・書状の包み・障子紙などに用いる。書院紙。直紙じきし。みの。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

美濃紙
みのがみ
美濃国(岐阜県)を原産とする紙の総称。美濃はもっとも古くからの和紙の名産地で、702年(大宝2)の『正倉院文書』の戸籍用紙は、わが国で現存する最古の和紙であるが、そのなかでも美濃国(当時は御野国と書いた)の紙は、筑前(ちくぜん)国(福岡県)や豊前(ぶぜん)国(大分県)のものよりも紙質が優れており、製紙に関しては平安時代でも美濃国が他国をしのいでいたことを示す文献が多い。応仁(おうにん)の乱(1467~1477)後、美濃一帯を統治した土岐成頼(ときしげより)の施政により、中世以降この地方の一大産業としての地位を確保した。京都へ送られた美濃紙は、当時の五山の禅僧の詩文に多く表れてその名を知られ、大矢田(おおやた)(美濃市)は紙の集産地として栄えた。また和本の用紙にも使われて、美濃本あるいは美濃判の名が一般化した。美濃紙の名は、1603年(慶長8)刊の『日葡(にっぽ)辞書』にも採録されている。代表的な美濃紙としては、厚手の森下(もりした)、薄手の典具帖(てんぐじょう)があるが、これらは現在でも長良(ながら)川支流の板取(いたとり)川、および武儀(むぎ)川に沿った地方で漉(す)かれている。1877年(明治10)刊の尾崎富五郎編『諸国紙名録』には、美濃産紙として大書物紙、御定直(おんさだめなおし)紙、書院紙、薄書院、紋書院、天具帖、小菊(こぎく)紙、丈永(たけなが)、板張紙(いたばりし)、美濃半紙、半切(はんぎり)紙、雁皮(がんぴ)紙、薄用紙、中用紙、黄雁皮などの名をあげている。とくに書院紙は障子紙として有名で、1777年(安永6)刊の木村青竹(せいちく)編『新撰紙鑑(しんせんかみかがみ)』にすでに「凡(およ)そ障子紙の類は美濃を最上とす」との評価を受け、美濃紙を書院紙の別名のようにいうこともあった。
 現在、美濃市蕨(わらび)地区を中心として盛んに漉き出されているが、なかでも本来の純粋な手漉きによるものは本美濃紙と称され、1969年(昭和44)に本美濃紙保存会が結成され、国の重要無形文化財に総合指定された。[町田誠之]
 また2014年(平成26)には、島根県浜田市の「石州半紙(せきしゅうばんし)」(石見(いわみ)半紙)、埼玉県小川町、東秩父(ひがしちちぶ)村の「細川紙(ほそかわし)」とともに、「和紙―日本の手漉和紙技術」としてユネスコ(国連教育科学文化機関)の無形文化遺産に登録された。[編集部]
『澤村守編『美濃紙――その歴史と展開』(1983・木耳社)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

みの‐がみ【美濃紙】
〘名〙 美濃国(岐阜県)から産出する和紙の総称。美濃国は古く奈良時代から和紙の産地で、直紙(なおし)・書院紙・天具帖(てんぐじょう)など多くの紙を産した。現在でも、本美濃紙・障子紙・提灯紙・型紙原紙など多種の紙がすかれている。みの。
※親元日記‐文明一三年(1481)一〇月六日「いかにもあつき美濃帋可有進上」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

美濃紙」の用語解説はコトバンクが提供しています。

美濃紙の関連情報

他サービスで検索

「美濃紙」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation