@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

群体【ぐんたい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

群体
ぐんたい
colony
原生生物刺胞動物サンゴやクラゲ類),曲形動物(スズコケムシ類),外肛動物苔虫類),脊索動物ホヤ類)などに見られる生活型。分裂または出芽によって生じた新個体個虫)が多数結合したもので,個虫の役割と形態が異なっている場合もある。形や大きさは種類によって異なる。群体を構成する個体同士が体壁の穴を通して原形質によって連絡している場合(の群体)と,体の外方に分泌したなどの外骨格によって結合している場合(偽群体)とがある。群体の大部分の個体は単独でも生活できる能力をもつ。外形によって,線状,樹状,球状,叢状などに区別される。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ぐん‐たい【群体】
分裂出芽によって生じた新しい個体が、母体を離れずに、組織内の連絡を保ちながら生活する個体群海綿動物サンゴクダクラゲボルボックス珪藻(けいそう)などにみられる。コロニー

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ぐんたい【群体 colony】
生物の中には,出芽または分裂などの無性生殖で生じた新しい個体が母個体から分離しないで,互いに体の一部分または殻などの構造によって連結されているものがある。この集合体を群体とよぶ。群体を構成するおのおのの個体を個員または個虫zooidといい,真の意味の群体では,個員が互いに原形質によって連絡して,栄養摂取や刺激に対する反応は全個員に及ぶ。これに対して殻などの死んだ物質により接着するのみで,互いの連絡がない場合は,偽群体pseudcolonyとよぶ。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ぐんたい【群体】
分裂や出芽によって生じた個体がそのまま分離せず形成する個体群。普通は、個体(個虫)間に原形質の連絡が見られる場合をいう。植物ではボルボックス・ケイソウなど、動物では海綿動物・腔腸動物などに見られる。合体ごうたい。コロニー。 → 個体

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

群体
ぐんたい
分裂または出芽によって生じた新たな個体が互いに連結されてできた個体の集合。原生動物、海綿動物、刺胞(しほう)動物、コケムシ類(外肛(がいこう)動物)、ホヤ類(原索(げんさく)動物)など、主として海産無脊椎(むせきつい)動物のさまざまなグループにみられる。群体を形成する個体を個虫または個員とよぶ。群体は形態上から線状群体、樹状群体、球状群体、叢状(そうじょう)群体などに区別され、また固着性、浮遊性、匍匐(ほふく)性のものがある。群体の統合の程度はさまざまであり、個虫どうしが単に殻などによって連結されているだけのものから、個虫間に神経系による刺激の伝達がみられ全体として統合された動きをみせるものまである。クダクラゲ類(刺胞動物)やコケムシ類ではもっとも高度に統合された群体の例がみられる。クダクラゲ類のカツオノエボシでは、個虫が、浮き・栄養体・生殖体・触手などに形態的・機能的に分化しており、これらが集合して一つの群体を形成するが、それは高度に統合された動きによって餌(えさ)をとらえて消化し、あるいは刺激に対して逆方向に逃避することができる。このような群体が単一の受精卵から分裂によって生じるという点からも、それを一つの個体と考えることもできるが、海綿などでは同種の隣接した群体が合体して一つの群体となることもあり、また系統発生的にも、もともと単独生活を営んでいた個虫が集合して群体を生じたと考えるのが正しい。[喜多 実]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ぐん‐たい【群体】
〘名〙 生物学で、分裂や出芽などで増殖した個体が集まって共通の体を組織し、互いに連結している生物集団。樹状、球状、線状などの形が多く、構成する各個体を個虫という。植物ではボルボックス、珪藻、動物では海綿動物や刺胞動物などにみられる。合体。コロニー。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

群体」の用語解説はコトバンクが提供しています。

群体の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation