@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

群知能【ぐんちのう】

大辞林 第三版

ぐんちのう【群知能】
単純な要素が協調して秩序ある行動を生み出し、個々の能力の和を超える結果が得られること。 アリの行動などにいうが、ネットワーク制御などにも用いられる

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ぐん‐ちのう【群知能】
自然界における生物の群れのふるまいを模した人工知能アリなどの群れを構成する個体は、単純な行動規則をもちながら、周囲の個体や環境に応じて行動する。これらが多数集まったときにみられる自己組織化された高度なふるまいを、自動運転などの人工知能のシステムに応用する研究が進められている。SI(swarm intelligence)。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

群知能」の用語解説はコトバンクが提供しています。

群知能の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation