@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

義経伝説【ヨシツネデンセツ】

デジタル大辞泉

よしつね‐でんせつ【経伝説】
源義経にまつわる英雄伝説。その生い立ちや、平家追討の際の戦略や行動、兄頼朝の不信からの逃避行、また、平泉で死んだのではなく、蝦夷地(えぞち)へ逃れ、さらに大陸に渡って成吉思汗(ジンギスカン)になったなど、いろいろある。
[補説]書名別項。→義経伝説

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

よしつねでんせつ【義経伝説】[戯曲]
橋本治による戯曲。平成3年(1991)刊行ロッキード事件を「義経千本桜」のパロディの形で描いた風刺的作品。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

よしつねでんせつ【義経伝説】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

よしつねでんせつ【義経伝説】
源義経に関する英雄伝説。壇浦合戦における八艘はつそう飛び、静御前をはじめとする女性とのこと、平泉の合戦で逃げのびて蝦夷えぞから大陸に渡って成吉思汗ジンギスカンになったなどがある。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

義経伝説
よしつねでんせつ
悲劇の英雄であったこともあって、源義経の伝説は多くの武将のなかでもっとも多い。『義経記(ぎけいき)』をはじめとして『御伽草子(おとぎぞうし)』や幸若(こうわか)舞曲、謡曲、歌舞伎(かぶき)などの芸能から、近世に入っての赤本、青本、黒本、黄表紙、合巻(ごうかん)に至るまで、多くの題材を提供し、日本人一般に判官贔屓(ほうがんびいき)の語を定着させたほど、その生涯の悲運は多くの伝説をつくりあげた。むしろ義経においては、その歴史的事実がどこまでかわからぬほどに伝説に包まれた人物となっている。実在の義経では、『平家物語』などでも風采(ふうさい)はあがらず、母の素姓(すじょう)も卑しく、所領もなく、ただ平家討滅に功あって英雄となった人物である。その終末が兄源頼朝(よりとも)に追放され哀れな最期を遂げたことから、これを惜しむ庶民の心が多くの伝説を生ましめたのである。その幼少時に鞍馬(くらま)寺修行時代の義経を歴史の舞台に引き出したのは、鎌田(かまた)正清の子の四条の聖(ひじり)、少進坊(しょうしんぼう)であり(義経記)、四条の金蓮寺(こんれんじ)が時衆道場であったことから、義経伝承に時衆教団が関与していたことが示唆される。少進坊によって源氏再興を志し、『義経記』では鬼一法眼(きいちほうげん)の兵書をその娘を通じて盗み取ることなどは、後の平家追討の際のひよどり越えの逆落としや八艘(はっそう)飛びの敏捷(びんしょう)な戦略や行動に照応している。義経伝説は、兄頼朝の不信を買って逃れる身となってからにその中心があり、とくに彼に従った弁慶の活躍は目覚ましい。謡曲『船(ふな)弁慶』にみる四国での嵐(あらし)の遭遇、謡曲『安宅(あたか)』、舞曲『富樫(とがし)』にみる北国落ちまでの関守に見とがめられたおりの機転など、弁慶の活躍は熊野修験者(しゅげんじゃ)の語りを考えざるをえない。さらに、平泉(ひらいずみ)で生涯を閉じたことになっているが、伝説では、ここを脱出して、大天狗(てんぐ)の救いで播磨(はりま)国野口に逃れたり、剃髪(ていはつ)して教信上人(しょうにん)となったとする説もある。蝦夷(えぞ)に逃れた伝承は、『御曹子(おんぞうし)島渡り』などからアイヌのユーカラとしても行われている。さらに発展して、韃靼(だったん)に入り、清祖(しんそ)になったり成吉思汗(ジンギスカン)になったとする伝説を生んでいる。[渡邊昭五]
『島津久基著『義経伝説と文学』(1977・大学堂) ▽関幸彦著『源義経 伝説に生きる英雄』(1990・清水書院) ▽佐々木勝三・大町北造・横田正二著『義経伝説の謎――成吉思汗は源義経か』(1991・勁文社) ▽『義経伝説をゆく――京から奥州へ』(2004・河北新報出版センター) ▽鈴木健一編『義経伝説――判官びいき集大成』(2004・小学館) ▽高橋富雄著『義経伝説 歴史の虚実』(中公新書)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

義経伝説」の用語解説はコトバンクが提供しています。

義経伝説の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation