@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

羯鼓【かっこ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

羯鼓
かっこ
(1) 中国,日本の膜鳴楽器 「鞨鼓」とも書く。中央がややふくらんだをもつ。奏者の前に横向きに台に載せて置き,2本の長い (ばち) で,と同じように,あらかじめ丸枠に張ってある2枚の皮を紐で締めて胴に当て,その両皮面を打奏する。日本の羯鼓では胴の直径約 15cm,長さ約 30cm,枠に張った皮面の直径約 24cmである。 (a) 羯鼓という中国名はチベット系の羯人に由来するものと考えられ,クチャ,カシュガル,サマルカンド,北インドなどから輸入された胡楽のなかで,12世紀頃まで広く用いられた。 (b) 日本の雅楽では,まず奈良時代に唐楽のなかで用いられたが,平安時代になると管弦の主導的な打楽器として位置づけられ,現在にいたっている。両手あるいは右桴だけによるトレモロ奏法に特徴がある。そのほか,歌舞伎の陰囃子の楽器に転用されている。 (2) の舞事の一つ 民俗芸能太鼓踊りなどの影響を受けたと考えられる。,小鼓,大鼓による軽快な子によって,『花月』などで胸に羯鼓の作り物をつけた役者が舞う舞およびその囃子をいう。狂言では,『狂言羯鼓』という別の舞と囃子がある。 (3) 能および歌舞小道具 (1) を模した小型のものであるが,舞のときなどに,からだの前につけて用いたりする。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

かっ‐こ【×羯鼓】
雅楽に用いる打楽器の一。奈良時代に唐から渡来したもの。左方(さほう)の楽で、演奏の速度・長短を指揮する主要楽器として使う。長さ約30センチの鼓胴両側に直径約23センチの馬革の鼓面を固定し、通常は2本の桴(ばち)で打つ。両杖鼓(りょうじょうこ)。
舞事の一。小型の羯鼓を胸につけて打ちながら軽快に舞うもの。また、そのときの囃子(はやし)
歌舞伎舞踊で、小道具の羯鼓を首に掛けて打ちながら踊る所作。また、その囃子。「京鹿子娘道成寺(きょうがのこむすめどうじょうじ)」などにみられる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

かっこ【羯鼓】
中国と日本の打楽器で,筒状の胴の太鼓の一種。鞨鼓とも書く。2本の桴(ばち)で打つので両杖鼓ともいう。この型の鼓はインドのサンチー大塔の浮彫にみられ,インド起源ともいわれる。中国には4世紀ころに西域から伝わり,隋・唐代に,天竺伎亀茲(きじ)伎,疏勒(そろく)伎,高昌伎の楽器として使われた。しかし唐代の書《通典(つてん)》では,羯(けつ)(匈奴別種)から出たので羯鼓というとする。唐代には盛んに用いられたが,元・明代以降はまったく衰え,現在は使われていない。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

かっこ【羯鼓】
五胡の一つ羯族の用いた鼓
雅楽で用いる太鼓の一種。左方楽の主要打楽器。台の上に横にして据えた鼓を両手に持った桴ばちで両面からたたく。両杖鼓りようじようこ
能の舞事まいごとの一。羯鼓の作り物を胸下に付けて打ちつつ軽快なリズムで舞うもの。「自然居士」「花月」などにある。
狂言の囃子はやし事の一。羯鼓を打ちつつ舞うもので、笛だけで囃はやす。
歌舞伎の下座で用いる、同様の楽器。王朝物の宮殿の場などで使う。
能・歌舞伎で用いる、を模した小道具。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

か‐こ【羯鼓】
※海人刈藻物語(1271頃)一「蔵人少将横笛、権大納言は唱歌して、殿上なりつるかこを、蔵人して召して打鳴らし給ふ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

かっ‐こ【羯鼓】
〘名〙 (「羯(かつ)」は五胡の一つで、匈奴(きょうど)と同族。羯から伝えられた鼓(つづみ)の意)
① 雅楽の楽器。奈良朝に中国から渡来した打楽器。長さ約三〇センチメートル、径約一五センチメートルの木製の筒の両端に、鉄輪に張った革を当て、馬革の調(しらべ)の緒で締めた鼓。革面の径約二三センチメートル。これを台の上にすえ、桴(ばち)を両手に持って打ち鳴らす。日本では、これを雅楽に用い、主に左方楽の楽器とする。合奏の指揮役をかねる。両杖鼓(りょうじょうこ)
※西大寺資財流記帳‐宝亀一一年(780)「鞨皷一面 腔以金墨絵 納黄袷袋一口」 〔李商隠‐龍池詩〕
② 能楽で、
(イ) 小道具の一つ。革に彩色を施した小鼓(こつづみ)
(ロ) (イ)を胸につけ、打ちながら舞う舞。
(ハ) (ロ)の舞のときに奏する軽やかな囃子(はやし)
③ 日本舞踊で、①を首にかけて打つ所作をいう。越後獅子、娘道成寺などに見られる。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

羯鼓」の用語解説はコトバンクが提供しています。

羯鼓の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation