@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

羽振【はぶき】

精選版 日本国語大辞典

は‐ぶき【羽振】
〘名〙 鳥や虫が羽を強く振ること。はばたき。はたたき。はぶり。
※曾丹集(11C初か)「おし鳥のはぶきやたゆきさゆる夜の池の汀に鳴く声のする」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

は‐ぶ・く【羽振】
〘自カ四〙 (「ふく」は「ふる(振)」の意)
① 鳥や虫などが羽を振る。羽をならす。はばたく。はふる。
※万葉(8C後)一九・四一四一「春まけて物悲しきにさ夜更けて羽振(はぶき)鳴く鴫誰が田にか住む」
② 幅をきかす。のさばる。
※浄瑠璃・田村麿鈴鹿合戦(1741)一「左衛門をしりめにかけ、はぶき給ふ御心根」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

は‐ぶり【羽振】
〘名〙
① 鳥などが羽をふること。はばたくこと。はぶき。
※夫木(1310頃)一七「夜もすがら沖のすず鴨はぶりしてなぎさの宮にきね鼓うつ〈源仲正〉」
② 羽の様子。羽のかたち。〔運歩色葉(1548)〕
③ 世間で認められ通用する、人の地位・勢力・人望などの程度。はばがきくことの程度。威勢。
※談義本・地獄楽日記(1755)三「お陰で私ども迄もはぶりが格別」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

羽振」の用語解説はコトバンクが提供しています。

羽振の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation