@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

羽根車【はねぐるま】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

羽根車
はねぐるま
impeller; runner
ポンプや水車などに用いられる羽根をもった回転部品。ポンプの羽根車 impellerはこれが回転することにより液体圧力および運動エネルギーを与えるもので,水車の羽根車 runner (ランナ) は圧力および運動エネルギーをもった水を通過させることにより,機械的エネルギーを得るものである。一般には2個の円板の間に羽根が設けられているが,その形状は目的によって異なり,比速度によって決る。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

はね‐ぐるま【羽根車】
水車・タービンなどで、回転軸周囲に羽根を取り付けたもの。羽根に水や風の力を受けてを回転させる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

はねぐるま【羽根車】
ターボ形流体機械の中で流体と軸動力とのエネルギー授受を行う部分で,ハブに取り付けられた複数の羽根からなる回転体をいう。ポンプ,送風機,圧縮機のように,流体にエネルギーを与えるものではインペラーimpeller,水車のようにエネルギーを受け取るものではランナーrunnerと呼び分けられる。流れがインペラーを通り抜ける方向によって,遠心式,斜流式(混流式),軸流式に分類される(図)。昇圧作用に遠心力の効果を利用できる遠心式は,比較的小流量の流体に大きな昇圧を与えるのに適し,軸流式は反対に大流量の流体に低圧力を与えるのに適する。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

はね‐ぐるま【羽根車】
〘名〙 水車。また、タービンなどの回転部に付属する羽根のついた車。これに水や蒸気を受け、その衝撃力、圧力によって車を回転させる。
※俳諧・西鶴大矢数(1681)第七「はね車巡れるごとく紙一重 水波のへだて引薬也」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典

羽根車
 →インペラ

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

羽根車」の用語解説はコトバンクが提供しています。

羽根車の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation