@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

羽犬塚【はいぬづか】

世界大百科事典 第2版

はいぬづか【羽犬塚】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

羽犬塚
はいぬづか

福岡県筑後市(ちくごし)の中心地区。旧羽犬塚町。古来交通の要衝で、江戸時代は九州街道の宿場町として発達、現在は南北通りの旧町と東西通りの新町からなり、鹿児島本線羽犬塚駅の北部には製粉、機械、製材などの工場も立地している。国道209号と442号が交差する。地名の由来は、島津氏を攻める途中の豊臣(とよとみ)秀吉軍を苦しめた、羽の生えた怪犬の武勇をたたえて塚を築いたことによる、ともいう。

[石黒正紀]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

羽犬塚」の用語解説はコトバンクが提供しています。

羽犬塚の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation