@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

羽田【はねだ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

羽田
はねだ
東京都大田区南東端,多摩川河口左岸にある地区。江戸時代は幕府直轄地で,三角州(羽田州)には天保年間(1830~44)幕府の砲台が置かれた。大森-羽田海岸はかつてはノリ養殖地。今日では京浜工業地帯の一部をなし,工場,住宅の密集地帯を形成している。1931年建設された東京飛行場は東京国際空港となり,長い間日本の空の表玄関であったが,新東京国際空港(→成田国際空港)の開設後は国内線中心の空港となった。JR浜松町駅との間に東京モノレール羽田空港線が通る。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

はねだ【羽田】
東京都大田区の地名多摩川河口の北岸に位置し、東京湾岸の埋め立て地に東京国際空港がある。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

はねだ【羽田】
東京都大田区南東端、多摩川(六郷川)河口北岸に沿う工業地区。東京国際空港がある。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

羽田
はねだ
東京都大田区南東端にある地区。南は多摩川(たまがわ)、東は東京湾で多摩川河口の三角州と埋立地(空港)からなる。古くは扇状地の形から扇ヶ浜(おおぎがはま)ともよばれたが、羽田の地名もそれに関係すると考えられる。漁村として発達、江戸時代はのりの産地として知られたが、1931年(昭和6)飛行場が開かれ、1952年(昭和27)東京国際空港となってから全国に知られるようになった。穴守稲荷神社(あなもりいなりじんじゃ)は江戸時代、商売繁盛の神として信仰を集め、もとは空港内にあったが、1948年、現在地(羽田5丁目)に移され、空港の駐車場に鳥居だけが残されていた。その鳥居も、1999年(平成11)空港の沖合い展開拡張工事に伴い、約800メートル離れた空港内南西部弁天橋近くの空地に移転した。京浜急行電鉄空港線(京急蒲田(かまた)―羽田空港国内線ターミナル)、東京モノレールが通る。[沢田 清]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

はねだ【羽田】
東京都大田区南東端の地名。多摩川(六郷川)河口の左岸にある。海苔・貝などを採取する漁業の集落に始まり、江戸時代は幕府の直轄地となる。昭和六年(一九三一)羽田飛行場(東京国際空港)が建設された。羽根田。扇ケ浜。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

はねだ【羽田】
姓氏の一つ。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

羽田」の用語解説はコトバンクが提供しています。

羽田の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation