@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

羽目板【はめいた】

リフォーム用語集

羽目板
木造建築の外壁仕上げの一種で、たて張りの板材を指す。真壁の外壁の土塗壁などの保護のために土塗壁の上に張られることが多い。

出典:リフォーム ホームプロ
Copyright(c) 2001-2014 HOMEPRO CO.,LTD ALL RIGHTS RESERVED.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

はめいた【羽目板】
建築物や工作物の壁における板張りの一種で,同一平面に張った板をいう。板を張る方向によって横羽目と竪(たて)羽目とがあり,竪羽目の場合は板の接ぎ目目板(めいた)を打つものもある。壁の下方1mくらいに張った場合は腰羽目という。横板張りで板を少しずつ重ねて羽重ねに張るものは下見板といい,羽目板とは区別する。日本建築では横羽目が古来の手法で,鐘楼の袴腰など特定のものに竪羽目が用いられたが,鎌倉時代に伝来した禅宗様(唐様)では竪羽目が使われ,以来竪羽目も広く用いられるようになった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

羽目板
はめいた

壁面の保護と意匠装飾を目的として板を羽重ねに張った壁を羽目(はめ)といい、張られる板を羽目板という。床面より1メートル程度の羽目を腰羽目、それ以上のものを高羽目とよぶ。

 張り方には平板張りと鏡板張りがある。前者は、間柱(まばしら)に渡した胴縁に竪(たて)に打ち付け、その上端に笠木(かさぎ)、下端には幅木(はばき)を当てがった竪羽目と、間柱に直接板を横に並べて張る横羽目をさす。後者の場合は、笠木と幅木のほかに、縦横の桟と上下のかまちと鏡板が用いられる。なお、表面に段がつかぬよう平坦(へいたん)に仕上げる張り方を板羽目(いたばめ)という。

[中村 仁]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

はめ‐いた【羽目板】
〘名〙 羽目①に用いる板。
※婚礼道具諸器形寸法書(1793)地「羽目板、左右端之出三寸五分、足高四寸、長一尺三寸、巾三寸三分」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

はめ‐いた【羽目板】
羽目に張った板。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

羽目板」の用語解説はコトバンクが提供しています。

羽目板の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation