@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

羽衣【うい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

羽衣
うい
plumage
鳥類の体表をおおう羽毛総称で,装ともいう。羽は通常年1回ないし2回の換羽によって新しくなる。ほとんどすべての繁殖が終ると完全な換羽を行う。この換羽によって得られる羽衣は,非生殖羽冬羽,基羽などと呼ばれる。多くの鳥は繁殖の始る前にも完全あるいは部分的な換羽をする。この換羽によって得られた羽衣を生殖羽夏羽,代羽などと呼ぶ。なお,ある種の鳥では生殖羽は換羽によらず,羽縁が摩耗することによって生じる。一般に生殖羽は非生殖羽より羽色がはっきりしており,また雌雄の差も顕著となる。羽衣の色は各種のディスプレイや個体同士の認識に重要な機をもつ。一方害敵から逃れるにあたって隠蔽色としての役割も重要である。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

羽衣
はごろも
能の曲名。三番目物。作者未詳。漁夫白竜 (ワキ) は三保の松原で,松に掛かる衣を見つけ,帰ろうとするが,天女に呼びとめられ,返してくれと懇願される。羽衣なしには再び天界に飛行できない天女を哀れみ,天人を見せるならと返す。天女は羽衣を着け (物着) ,「駿河舞」のいわれを語り (クセ) ,袖を翻して (の舞,破の舞) やがて天上する。のちに歌舞伎に移されて,延享2 (1745) 年1世瀬川菊之の『天人羽衣』や変化舞踊の『天人』となった (→羽衣物 ) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

う‐い【羽衣】
鳥のからだをおおう羽毛の総称。
仙人・天女などの衣。はごろも

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

は‐ごろも【羽衣】
天女が着て、自由に空中を飛行するといわれる衣。天(あま)の羽衣。
鳥や虫の羽。
半翅(はんし)目ハゴロモ科とその近縁の科の昆虫の総称。ウンカ類に似るが、前翅(まえばね)が幅広く三角形をなす。植物の汁を吸う害虫

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

はごろも【羽衣】[曲名]
謡曲。三番目物羽衣伝説に取材。漁師白竜(はくりょう)が三保の松原で天人の羽衣を見つけ、これと引き替えに天人の舞を所望する。
箏曲(そうきょく)。組歌。作曲者は北島検校とも牧野検校ともいう。拾遺集の羽衣の歌を第一に六つの和歌を組み合わせたもの。羽衣の曲。
羽衣伝説に取材した、長唄一中節常磐津(ときわず)などによる舞踊曲や演奏曲。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクション

はごろも【羽衣】
大分の麦焼酎。黒麹仕込みの(もろみ)を伝統的な木桶蒸留器で蒸留する。3年間熟成させた原酒をそのままに詰めて出荷。原料裸麦麦麹。アルコール度数36%。蔵元の「小手川酒造」は安政2年(1855)創業。作家野上弥生子生家としても知られる。所在地は臼杵市大字臼杵。

出典:講談社
(C)Kodansha 2010.
本事典は現在流通している、あるいは過去に存在した本格焼酎・泡盛の銘柄を集めたものです。限定品や終売品、蔵元の転廃業などで既になくなった銘柄も含まれていますのでご了承下さい。それぞれの情報は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

羽衣
古典落語の演目のひとつ。「三保の松原」とも。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

羽衣
金魚の体色の名。青文魚(せいぶんぎょ)にみられる青が部分的に白く褪色したものをさす。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

羽衣
金魚の一種。青文魚(せいぶんぎょ)のうち、腹部が白っぽく褪色したものをいう。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

うい【羽衣】
鳥類の体をおおう羽毛。
天人・仙女が空を飛ぶときに着るという衣。はごろも。 霓裳げいしよう

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

はごろも【羽衣】
天人が着る、天上を飛行する霊力のある衣。鳥の羽で作るという薄い衣。
鳥・虫などのはね。
カメムシ目ハゴロモ科または近縁の科に属する昆虫の総称。ウンカに近縁。前ばねは三角形で静止する時は折りたたむ。多く熱帯に産し、生息環境に似た色や模様のものが多い。植物に寄生し、幼虫は白蠟状分泌物におおわれる。日本にはベッコウハゴロモ・アオバハゴロモなどがいる。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

はごろも【羽衣】
能の一。三番目物。漁師白竜は三保の松原の松に不思議な衣をみつけて持ち帰ろうとする。そこへ天人が現れ自分の羽衣なので返してほしいと懇願されて衣を返す。天人はその礼に舞を舞って昇天する。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

羽衣
はごろも
能の曲目。三番目物。五流現行曲。作者は不明。三保松原(みほのまつばら)の漁師白竜(はくりょう)(ワキ)が松にかかった美しい衣をみつけ、家の宝にと持ち帰ろうとする。シテの天人が呼びかけ、それは天人の羽衣であり、元のところに返すように頼むが、白竜はそれでは国の宝にと、持ち去ろうとする。羽衣がなくては天に帰ることができないという嘆きに、白竜は月の世界の舞を所望し、羽衣を得た天人は、美しい景色をたたえ、君が代を祝い、舞を舞いつつ、宝を国土にまき散らしながら昇天していく。『丹後国風土記(たんごのくにふどき)』などの羽衣伝説による能で、外国にも類似の白鳥処女伝説が多い。羽衣伝説では天人が漁師・あるいは農民とやむなく結婚し、子供ももうけたあとで羽衣を発見して天に帰るのだが、能は天人を清純なままで昇天させるところに主張がある。
 沖縄舞踊の組踊(くみおどり)、江戸時代の玉城朝薫(たまぐすくちょうくん)作の『銘苅子(めかるしい)』は、この能の翻案であり、沖縄の羽衣伝説の舞踊化。長唄(ながうた)には、江戸期の『天人羽衣』、大正期の『新曲羽衣』があり、一中(いっちゅう)節に江戸期の『松の羽衣』があり、山田流箏曲(そうきょく)『松の羽衣』に発展する。常磐津(ときわず)では明治期の『松の羽衣』。歌舞伎(かぶき)の『羽衣』は、1898年(明治31)の初演で、宙乗りの技法も用いられ、市川家の歌舞伎十八番に対抗する、尾上(おのえ)家の新古演劇十種のうちに選ばれている。
 武智鉄二(たけちてつじ)演出のヌード能(日劇ミュージック・ホールで行われた)にも『羽衣』があり、星新一のSF短編『羽衣』では、羽衣がタイムカプセルで過去の地球に観光にきた女性の宇宙服という設定となっている。[増田正造]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

動植物名よみかた辞典 普及版

羽衣 (ハゴロモ)
動物。ハゴロモ科昆虫の総称

出典:日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

う‐い【羽衣】
〘名〙
① 鳥の羽。鳥類のからだを包む羽毛の総称。年に一、二回生えかわる。一部の種は季節により、また繁殖期に特殊な色彩に変わる。
② 鳥の羽で作った衣。仙人、天女などが着て、空を飛ぶといわれる。はごろも。あまのはごろも。〔音訓新聞字引(1876)〕〔史記‐孝武帝本紀〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

は‐ごろも【羽衣】
[1] 〘名〙
① 天人の衣装。天女がこれを着て空中を飛翔(ひしょう)するといわれる。あまのはごろも。あまごろも。
※竹取(9C末‐10C初)「天人の中に持たせたる箱あり。あまのは衣いれり」
※幸若・笛巻(室町末‐近世初)「天人是をとらんとて、羽衣をもって、なでては天にあがり」
② 鳥や虫のはねをたとえていう語。
※源氏(1001‐14頃)幻「は衣のうすきにかはる今日よりは空蝉(うつせみ)の世ぞいとど悲しき」
③ カメムシ(半翅)目ハゴロモ科に属する昆虫の総称。ふつう体長五~一〇ミリメートル前後のウンカに近い仲間で、前ばねが大きくチョウのように三角形状に広がる。植物上に集団でとまる。幼虫はロウ物質からなる尾をもつ。日本にはベッコウハゴロモ・ヒメベッコウハゴロモ・スケバハゴロモなど一六種が分布する。近縁の科には体と前ばねが淡緑色で美しいアオバハゴロモ科がある。多くクズにつくが、ミカン・クワ・イネなどに加害するものもある。〔日本昆虫学(1898)〕
④ 植物「のこぎりそう(鋸草)」の異名。〔書言字考節用集(1717)〕
[2]
[一] 謡曲。三番目物。各流。作者不詳。駿河国の三保松原で漁夫の白龍(はくりょう)が松の木にかかっている衣を見つけて持ち帰ろうとする。そこへ天女が現われて、それは天人の羽衣だから返すように頼むが聞きいれられず、天に帰れないことを嘆く。白龍はその様子を哀れに思い羽衣を返す。天女は喜んでお礼の舞を舞い天に昇る。
[二] 謡曲「羽衣」に取材した三味線音楽。
(1)長唄「天人羽衣」。延享二年(一七四五)江戸中村座初演。羽衣物中最古のもの。部分的に下座(げざ)音楽に残る。羽衣の曲。
(2)一中節「松の羽衣」。文化(一八〇四‐一八)頃初世菅野序遊作曲。のち、山田流の箏曲に改調された。
(3)歌舞伎所作事。長唄と常磐津の掛合い。三世河竹新七作詞。一三世杵屋六左衛門(長唄)、七世岸沢佐(常磐津)作曲。初世花柳寿輔・同勝次郎振付け。明治三一年(一八九八)東京歌舞伎座初演。新古演劇十種の一つ。
[補注](一)①は中国の霓裳羽衣(げいしょううい)や天衣無縫(てんいむほう)などが基になってそのイメージが形成されていったと考えられる。→羽衣伝説(はごろもでんせつ)

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典

羽衣
〔常磐津, 長唄〕
はごろも
歌舞伎・浄瑠璃の外題。
作者
河竹新七(3代)
演者
岸沢式左(6代)
初演
明治31.1(東京・歌舞伎座)

出典:日外アソシエーツ「歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

羽衣
(通称)
はごろも
歌舞伎・浄瑠璃の外題。
元の外題
群三升団扇絵合 など
初演
慶応1.8(江戸・中村座)

出典:日外アソシエーツ「歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

羽衣」の用語解説はコトバンクが提供しています。

羽衣の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation