@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

【ウ】

デジタル大辞泉

う【羽】
中国・日本音楽の階名の一。五声の第5音。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

う【羽】[漢字項目]
[音](呉)(漢) [訓]はね は
学習漢字]2年
〈ウ〉
鳥や虫のはね。「羽化羽毛換羽
出羽(でわ)国。「羽後羽前奥羽
〈はね(ばね)〉「羽布団(はねぶとん)尾羽(おばね)
〈は(ば)〉「羽色羽音羽根羽子板羽二重(はぶたえ)尾羽(おは)白羽剣羽(つるぎば)
[補説]「羽(は)」は前にくる音によって「わ」「ば」「ぱ」になる。「一羽(いちわ)・三羽(さんば)・六羽(ろっぱ)」
[難読]合羽(カッパ)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

は【羽】
鳥・虫などのはね。「尾打ち枯らす」「うちわ」
「空蝉の―にをく露の木隠れて忍び忍びに濡るる袖かな」〈空蝉
矢につける鳥のはね。方向を固定する役割をする。矢羽根。「鷹(たか)のの矢」
茶の湯で、胴回りに鍔(つば)のように薄く張り出した部分。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

は‐ね【羽/羽根】
鳥の全身を覆う羽毛。

㋐鳥が空を飛ぶための器官。翼。「―を畳む」
㋑(「翅」とも書く)昆虫の飛ぶための器官。
㋒翼状のもの。特に、器具・機械に取り付けた翼状のもの。「飛行機の―」
「外套の―を後ろに反(は)ねて」〈木下尚江良人の自白
矢につけた羽毛。やばね。
(羽根)ムクロジの実に穴をあけ、数本の羽をさしたもの。羽子板でこれをついて遊ぶ。はご。「正月に―をつく」 新年》「大空に―の白妙とどまれり/虚子
バドミントンで用いるシャトルコック
水車・タービンなどで回転体の周囲に取り付けた金属片。「プロペラの―」「扇風機の―」
紋所の名。1の形を組み合わせて図案化したもの。
[下接語]赤い羽根緑の羽根(ばね)案内羽根追い羽根大羽尾羽風(かざ)切り羽・切り羽子(ばね)・固定羽根小羽根衝(つく)羽根手羽撚翅(ねじればね)矢羽根遣(や)り羽根綿羽

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

わ〔は〕【羽】
[接尾]助数詞。鳥やウサギを数えるのに用いる。「一」「二
[補説]上に来る数詞の末音によって、「ば(三羽)」または「ぱ(六羽・八羽)」ともなる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ば【羽】
[接尾]わ(羽)」に同じ。「すずめ三

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ぱ【羽】
[接尾]わ(羽)」に同じ。「にわとり十

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

う【羽】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

う【羽】
[1] 〘語素〙
① 鳥。鳥の羽。
※浄瑠璃・釈迦如来誕生会(1714)四「十丈余りの大石、一羽(ウ)より猶かろがろとひっかかへて」 〔孟子‐梁恵王・上〕
② 出羽の国のこと。羽前・羽後・陸羽・奥羽など。
[2] 〘名〙 日本、中国、朝鮮で用いられた音階名で、五音(ごいん)の一つ。最も高い音。〔周礼‐春官・大師〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

は【羽】
〘名〙
① 鳥類の全身を覆う毛。羽毛。
※古事記(712)上「鵜の羽(は)を葺草に為て」
② 鳥類の飛行用の羽(はね)。つばさ。〔十巻本和名抄(934頃)〕
③ 昆虫の飛行用の翅(はね)
※万葉(8C後)三・三七六「あきづ羽(は)の袖振る妹を玉くしげ奥に思ふを見たまへ吾が君」
④ 矢につける鳥のはね。方向を固定するために役立てるもの。矢羽。
※古事記(712)上「其の矢の羽(は)は其の鼠の子等皆喫ひつ」
⑤ 弓に弦を張った際の弓の握りと弦(つる)の捜(さぐり)との間の距離。その広いのを「ふとい」、または「たかい」といい、せまいのを「ほそい」または「ひくい」という。
※宮参之次第(16C)「弓のはの事、木中六寸と定る也」
⑥ 茶釜で、釜の胴まわりにひさしのようにうすく張り出した部分。古い蘆屋釜、天明釜などに多い。これの欠けたものを羽落(はおち)という。
※浮世草子・立身大福帳(1703)七「地がまは羽より上のこしき厚く、しりうすし」
⑦ 筬(おさ)の枠に櫛(くし)の歯のようにとりつけられた金属・竹などの薄片。筬羽。
※随筆・守貞漫稿(1837‐53)一七「万筋島 〈略〉一と羽毎色を隔つを万筋と云、二た羽隔を千筋と云」
⑧ 魚の大きさを表わす漁業関係者の用語。「大羽」「中羽」などと用いる。
⑨ 「はぶり(羽振)」の略。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

【羽】
〘接尾〙 (撥音のあとでは「ば」に、促音のあとでは「ぱ」になる) 鳥類や兎を数えるのに用いる。〔運歩色葉(1548)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

羽の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation