@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

翁草【おきなぐさ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

翁草
おきなぐさ
江戸時代後期の随筆神沢杜口 (貞幹) 。 200巻。巻一に安永5 (1776) 年のがある。寛政3 (91) 年成立。抄出して5巻とした天明4 (84) 年本と,異本と称される写本 (国会図書館本) がある。他書をそのまま写した部分が多いが,著者の見聞の記録は,歴史,地理,風俗,文芸など百般にわたり,江戸時代を理解するうえに有益な資料である。杜口は,別号其蜩庵,宝永7 (10) 年に生れ,寛政7 (95) 年に没したという。大坂の人で,京都町奉行の与力半時庵淡々について,俳諧に遊んだ。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

おきな‐ぐさ【翁草】
キンポウゲ科の多年草。日当たりのよい山野に生え、高さ約30センチ。全体に長く白い毛が生え、葉は羽状複葉。春、暗赤褐色の花を1個下向きにつける。実は白い毛をもち、風で飛ぶ。根を漢方で白頭翁といい、下痢に薬用。桂仙花(けいせんか)。善界草(ぜがいそう)。 春》「―手になだらかな山の景/八束」
の別名。
の別名。
[補説]書名別項。→翁草

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

おきなぐさ【翁草】[書名]
江戸中期の随筆。200巻。神沢貞幹著。初めの100巻は明和9年(1772)成立、のち100巻を加えたが天明8年(1788)大半を焼失、再び編述したもの。明治38年(1905)全巻刊行。中古以来の古書からの伝説・奇事・異聞の抜き書きや自身の見聞を記録したもの。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

おきなぐさ【翁草】
江戸後期の随筆。神沢杜口(かんざわとこう)著。1791年(寛政3)成立。200巻。別に出刊本5巻,異本200巻がある。諸書,諸記録を抄録し,また,自己の見聞を記して一書としたもの。杜口は京都町奉行所の与力であったので,他書に見られぬ京都の事件や風俗について記述した章が若干ある。また,今日原本の知られぬ他書からの抄出もあって注目される。近世後期の京都の随筆としては第一級のものの一つ。内容は歴史,地理,文学,芸能,有職故実,芸術,工芸,宗教など万般に及ぶ。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

翁草
おきなぐさ

江戸中期の随筆。200巻。神沢杜口(かんざわとこう)(1710―95)著。1792年(寛政4)の西山拙斎(せっさい)の序文、その他によって、1760年代後半から90年ごろ(明和(めいわ)から寛政(かんせい)初年)にかけて順次成立したと推定できる。近世に成立した書籍、記録を抄録して一書と成したもの。内容は、歴史、地理、文学、芸能、有職故実(ゆうそくこじつ)、美術、工芸、宗教など多岐にわたる。杜口が京都町奉行所(まちぶぎょうしょ)与力であったので京都の事件、風俗などについて、また俳人でもあったので江戸中期京都俳壇についての、それぞれ詳しい記述がみられる。版本『翁草』は5巻の抄出本。『異本翁草』もある。

[宗政五十緒]

『『日本随筆大成 第3期 19~24』(1978・吉川弘文館)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

動植物名よみかた辞典 普及版

翁草 (オキナグサ)
植物。マツ科の常緑針葉高木,園芸植物,薬用植物。アカマツの別称

出典:日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

翁草 (オキナグサ)
学名:Pulsatilla cernua
植物。キンポウゲ科の多年草,園芸植物,薬用植物

出典:日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

翁草 (オキナグサ)
植物。キク科キク属の草の総称。キクの別称

出典:日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

翁草 (オキナグサ)
植物。マツ科マツ属の常緑高木の総称。マツの別称

出典:日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

おきな‐ぐさ【翁草】
[1] 〘名〙
① キンポウゲ科の多年草。本州、四国、九州の低山地の草地に生える。全体に絹毛があり、高さ一五~三〇センチメートルになる。太くまっすぐな地下茎から深く羽状に切れ込んだ葉を叢生(そうせい)する。四、五月ごろ、葉の中心から高さ一〇~四〇センチメートルになる花茎を伸ばし、先端に内面が暗赤色、外面に絹毛を密生した六弁の花を開く。花後、雌しべは長く尾状に伸び、密に生えた羽毛とともに老人の銀髪を思わせる。漢名、白頭翁。赤熊柴胡(しゃぐまさいこ)。はぐま。おばがしら。うばがしら。けいせんか。ぜがいそう。ねこぐさ。《季・春》
※出雲風土記(733)飯石「凡て、諸の山野に在るところの草木は〈略〉細辛・白頭公(おきなぐさ)
② 植物「まつ(松)」の異名。
※蔵玉集(室町)「翁草 松 住吉や庭のあたりの翁くさ長ゐもてみる人をおこちて」
③ 植物「きく(菊)」の異名。《季・秋》
※順集(983頃)「霜がれのおきな草とは名のれどもをみなへしには猶なびきけり」
④ 植物「あおやぎそう(青柳草)」の異名。
[2]
[一] 江戸時代後期の読本。五巻五冊。伊丹椿園作画。正称「今古奇談翁草」。安永七年(一七七八)、京都、菊屋安兵衛刊。全一〇話の奇談怪談集。唐代小説「崑崙奴」を翻案した一編があり、最後の「怪談振舞」には作者自身の姿が投影されている。
[二] 江戸中期の随筆。二〇〇巻。神沢杜口(とこう)(貞幹)著。寛政三年(一七九一)成立。明治三八年(一九〇五)刊。京都町奉行所与力であった自己の見聞した事実や中古以来の古書から記事を抜き書きして、批評などを加えたもの。なお、天明四年(一七八四)刊の抄出五巻本がある。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

翁草」の用語解説はコトバンクが提供しています。

翁草の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation