@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

習慣性脱臼【しゅうかんせいだっきゅう】

世界大百科事典 第2版

しゅうかんせいだっきゅう【習慣性脱臼 recurrent dislocation of joint】
ふつうでは起こらない程度の外力で容易に脱臼するものをいい,正確には反復性脱臼というべきところを通常習慣性脱臼と呼んでいる。習慣性脱臼が生ずるのはあご,ひざの関節であるが,最も多いのが肩関節である。上肢挙上,外旋して(テニスでサーブする際のような)脱臼することが多い。転んだりして一度外傷性肩関節脱臼を生ずると,そのあとでもう一度以上脱臼を起こす可能性は70%といわれるくらい脱臼しやすくなる,つまり習慣性となりやすい。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

習慣性脱臼
しゅうかんせいだっきゅう

外傷性脱臼の治癒後、障害のない期間を置いてたびたび脱臼するものをいう。大部分は肩(かた)関節にみられ、習慣性肩関節脱臼とよぶ。

 習慣性脱臼では、とくに明らかな外傷がなくて脱臼し、脱臼時の疼痛(とうつう)は軽度か、まったくない。整復も容易であり、自分で整復できるものもある。脱臼と脱臼の期間がだんだんと短くなり、頻繁に脱臼を繰り返すようになることが多い。自分の意志で脱臼と整復を繰り返すことができる随意性脱臼も、習慣性脱臼に含まれる。

 原因としては関節包の弛緩(しかん)、関節窩(か)などの骨の変化などがあげられる。発生を防止するために最初の外傷による脱臼の際に十分な固定を行うことが必要である。頻繁に脱臼を繰り返すものに対して完治させるには、手術が必要である。手術方法はいろいろあるが、いずれも手術成績はよい。

[永井 隆]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

習慣性脱臼」の用語解説はコトバンクが提供しています。

習慣性脱臼の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation