@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

翔鶴型航空母艦【しょうかくがたこうくうぼかん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

翔鶴型航空母艦
しょうかくがたこうくうぼかん
旧日本海軍の航空母艦 (空母) 。同型艦2隻。太平洋戦争開戦時における最新鋭の空母で,真珠湾からマリアナ,フィリピン沖にいたる諸海戦に就役。基準排水量2万 5675t,速力 34.2kn。飛行機搭載数は常用機 72,補用機 12。『翔鶴』は,1941年8月横須賀工廠で竣工,44年6月 19日,サイパン沖で沈没。『瑞鶴』は,41年9月神戸川崎造船所で竣工,44年 10月 25日,フィリピン海域で沈没。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

翔鶴型航空母艦」の用語解説はコトバンクが提供しています。

翔鶴型航空母艦の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation