@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

翻字【ほんじ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

翻字
ほんじ
transliteration
ある文字体系で書かれているものを異なる文字体系 (通例ローマ字 ) に1対1の関係を保ちながら書き換えること。転字ともいう。実際の発音に関係なく,字母から字母へ機械的に対応させて移すことをさすのが普通。実際の発音を音声表記,音韻表記することは転写 transcriptionと呼んで区別する。ただし,術語邦訳は各種の案があり,「転写」を transliterationに用いる人もいる。たとえば,歴史的かなづかいの「こほり」 (氷) の transliterationは,koporiであるのに対し,この現代の読み方の transcriptionは,kooriである。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ほん‐じ【翻字】
[名](スル)ある文字体系で書かれたものを、他の文字体系を使って書き換えること。「キリシタン文献を漢字カタカナまじりに翻字する」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ほんじ【翻字】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ほんじ【翻字】
スル transliteration
ある文字で書かれている語句や文章を、別の文字に書き改めること。 ローマ字文を漢字仮名まじり文に-する

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

図書館情報学用語辞典

翻字
変換規則や変換表に基づき,ある文字体系を別の文字体系に変換すること.例えば,日本語の文字である「そら」をローマ字で「sora」とすること.特にローマ字以外の文字をローマ字に翻字することを「ローマ字化」といい,これは,目録作成においては,記述や排列の便のために長く用いられてきた.国際標準規格として,日本語,キリル文字ハングル,アラビア文字などのローマ字化の規則が定められている.

出典:図書館情報学用語辞典 第4版
©All Rights Reserved, Copyright Nihon Toshokan Joho Gakkai, 2013 編者:日本図書館情報学会用語辞典編集委員会 編
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ほん‐じ【翻字】
〘名〙 ある文字体系で書かれたものを、他の文字体系の文字で書きかえること。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

翻字」の用語解説はコトバンクが提供しています。

翻字の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation