@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

翻訳劇【ほんやくげき】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

翻訳劇
ほんやくげき
ある国語で書かれた戯曲を,ほかの国語に移し変えたの意。したがって,たとえば『シラノ・ド・ベルジュラック』を脚色した『白野弁十郎』のように,外国の戯曲の構成,人物,アイデアなどを借り,日本のある時代,人物に移して書き換えたものをいう「翻案劇」とは区別して用いられる。特に日本では新劇史の特殊性を反映して,欧米戯曲の日本語訳という意味の狭義に用いられる場合が多かった。明治の文芸協会,自由劇場がシェークスピア,イプセンなどの作品を移植することからその仕事を始めて以来,新劇運動初期の歴史は翻訳劇上演の歴史であったともいえる。言語,風俗習慣,国民性の違いからくる困難を伴いながらも翻訳劇の上演は多く,諸外国の文化や民族性などを知るプラスの面もある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ほんやくげき【翻訳劇】
語義に従えば,戯曲の原語を自分たちの言葉に翻訳して上演する劇を指す。一般的には他国語を自国語に翻訳することだが,古代ギリシア語を近代ギリシア語に翻訳して,ギリシア古典劇を上演することが現代ギリシアにおいてしばしば行われているように,自国の古代語を近代語に翻訳することもある。また中国のような多民族国家において,他民族・他地域語を自民族・自地域語に翻訳上演する場合も,翻訳劇といえる。つまり,演劇俳優による言語の肉体化が前提となる以上,俳優および観衆にとっていちばん真実感のある言語表現が他の文学作品の場合以上に要求される。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

ほんやく‐げき【翻訳劇】
〘名〙 外国の戯曲を自国のことばに直し、上演する劇。日本では主として明治末期から坪内逍遙、島村抱月、小山内薫、二世市川左団次らを中心にする新劇運動以後上演されるに至った。
※社会観察万年筆(1914)〈松崎天民〉現代の女学生「如何に小説劇、翻訳劇(ホンヤクゲキ)が、現代の青年学生や女学生の間に、蔑(あなど)り難き勢力有るかを知るに足る」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

翻訳劇」の用語解説はコトバンクが提供しています。

翻訳劇の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation