@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

老上単于【ろうじょうぜんう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

老上単于
ろうじょうぜんう
Lao-shang Chan-yu; Lao-shang Ch`an-yü
[生]?
[没]前161
匈奴第3代の単于 (在位前 174~161) 。冒頓単于 (ぼくとつぜんう) の子。名は稽粥 (けいいく。匈奴語で第2のという) 。即位後,の宗室の女をめとり,漢から降伏してきた中行説 (ちゅうこうえつ) を顧問とした。中行説は匈奴の勢力伸長に努力し,文書作成,国家財政制度を整えさせた。老上単于は月氏を攻めて伊犂 (イリ) 地方に退去させ,殺した月氏王の頭蓋骨を飲器とする打撃を与えた。また前 166年漢地深く攻撃し,以来連年侵入。漢の文帝は従来の条約のほかに匈奴への歳賜贈与などを内容とする新和議を結び (前 162) ,匈奴をなだめなければならなかった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

老上単于」の用語解説はコトバンクが提供しています。

老上単于の関連情報

関連キーワード

マルクス・アウレリウス文書偽造罪アントニヌスピウス産経新聞アントニヌス・ピウスウェルスアントニヌス・ピウスウェルスボロゲセス3世五賢帝

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation