@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

老中【ろうじゅう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

老中
ろうじゅう
江戸幕府の役職名。将軍直属政務轄した幕府の常任最高職。加判之列,宿老,執などともいい,古くは年寄と称した。元和9 (1623) 年阿部備中守正次が宿に任命されたのが初見。禁中,公家門跡諸大名に関することをはじめ,大目付,代官らの役人支配,奉書連判,歳出入,大普請知行制寺社,異国御用,参勤交代大奥,金銀改鋳などを取扱った。2万 5000石以上の譜代大名から任じられ,定員は4~5名,月番と称して毎月1名ずつ交代し,政務の責任者とした。役料はなし。慶応2 (1866) ~3年月番制は廃止され,海軍総裁陸軍総裁,外国事務総裁など職務を分けて専任した。臨時にその上に大老をおいたこともある。幕末の外交文書では,よく gorojioと書かれた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ろう‐じゅう〔ラウヂユウ〕【老中】
江戸幕府の最高の職名。将軍に直属して政務一般を総理した。ふつう、2万5千石以上の譜代大名の中から4、5名が選ばれ、月番制で政務の責任者となり実務を行った。宿老。執政。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ろうじゅう【老中】
江戸幕府の職制。年寄,宿老,閣老,執政とも呼ばれ,全国を統治する徳川氏将軍家の〈老〉(としより,おとな)として,将軍に直属してその信任のもとに,所司代,三奉行,遠国奉行,大目付などを指揮して国政を統轄した(老中の〈中〉は〈連中〉〈若者中〉などというように集合を表し,また〈――〉のように敬意を表す機能をもつ)。また加判の列とも呼ばれたが,これは老中連署奉書(老中奉書)に署名し,判(花押)を加える者という意味である。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ろうじゅう【老中】
江戸幕府の職制で最高の地位・資格をもつ執政官。将軍に直属。定員は四または五名。二万五千石以上の譜代大名から選ばれ、月ごとに担当者を定め、江戸城中の御用部屋に詰めて幕政一般を統轄した。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ろうちゅう【老中】
ろうじゅう老中

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

老中
ろうじゅう
江戸幕府の職名。年寄(としより)あるいは奉書連判(ほうしょれんぱん)、加判(かはん)の列(れつ)などという。将軍家中の支配を担当した若年寄(わかどしより)に対し、大名支配を軸に全国の支配を担当した。大名徳川氏以来の年寄、奉行(ぶぎょう)に起源し、3代将軍家光(いえみつ)期に職掌が整えられた。1634年(寛永11)の「覚(おぼえ)」には、
 一 禁中并公家門跡衆(きんちゅうならびにくげもんぜきしゅう)之事、
 一 国持衆(くにもちしゅう)総大名壱万石以上御用、并御訴訟之事、
 一 同奉書判形(はんぎょう)之事、
 一 御蔵入(おくらいり)代官方之御用之事、
 一 金銀納方(おさめかた)并大分御遣(だいぶなるおつかい)方之事、
 一 大造(たいぞう)之御普請(ごふしん)并御作事(ごさくじ)堂塔御建立(ごこんりゅう)之事、
 一 知行割(ちぎょうわり)之事、
 一 寺社方之事、
 一 異国方之事、
 一 諸国絵図之事、右之条々御用之儀并訴訟之事、
とある。1649年(慶安2)六人衆(後の若年寄に相当)が消滅し、その職掌をあわせたが、4代将軍家綱(いえつな)期の1662年(寛文2)に若年寄が設置され、あらためて分掌事項、支配の役職が定められて幕末に至った。4~5人を定員とし、小事は月番制(毎月1人ずつ交代)で総理し、大事は合議制によったが、うち1人を勝手掛(かってがかり)(財政担当)とした。1867年(慶応3)月番制を廃し、国内事務総裁、会計総裁、外国事務総裁、陸軍総裁、海軍総裁の分掌制となった。京都所司代(しょしだい)、大坂城代、側用人(そばようにん)、若年寄、奏者番(そうじゃばん)兼寺社奉行などの役職にある3万石から12万石ほどの譜代(ふだい)大名(帝鑑間(ていかんのま)・雁間詰(かりのまづめ))から補任(ぶにん)され、城中は中奥(なかおく)の御用部屋で政務をとった。[北原章男]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ろう‐じゅう ラウヂュウ【老中】
〘名〙
① 室町時代、評定・引付の両衆の総称。年寄。〔武家名目抄(19C中か)〕
② 室町・戦国時代、諸家・諸大名の老臣の称。政務を総裁した重臣。家老中。宿老中。年寄中。〔長宗我部氏掟書(1596)〕
③ 江戸幕府の職名。将軍に直属し、幕政を総攬した幕府最高の職。閣老、執政、年寄、宿老、奉行、加判の列、奉書連判などともいう。この名は三代将軍家光の頃から用いられた。譜代大名のうち一〇万石以下二万五〇〇〇石以上の城主である者から選任。定員四ないし五人。若年寄とともに御用部屋に詰め、月番制で事務を主宰した。
※わらんべ草(1660)三「御前に、御年寄衆、柳生殿などに、すみ付候へと、御意にて、喜左衛門女方にて、御老中に付し也」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ろう‐ちゅう ラウ‥【老中】

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

老中
ろうじゅう
江戸幕府の常置の最高職名
初め「宿老」「年寄」などともいった。将軍に直属し政務を担当した。禁中や公家・門跡・諸大名に関すること,大目付・町奉行などの役人支配,さらに奉書連判・歳出入・大普請・参勤交代・大奥・金銀改鋳などにあたった。定員はほぼ4〜5名で,2万5000石以上の譜代大名から任ぜられ,側用人京都所司代・大坂城代から登用するのを常とした。月番制で,毎月1名ずつ交代して政務を処理した。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

老中」の用語解説はコトバンクが提供しています。

老中の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation