@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

老人福祉法【ろうじんふくしほう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

老人福祉法
ろうじんふくしほう
昭和 38年法律 133号。日本の老人人口の増加に対応して,老人の福祉の原理を明らかにした法律。基本的理念として「老人は,多年にわたり,社会の進展に寄与してきたものとして,かつ,豊富な知識と経験を有する者として敬愛されるとともに,生きがいをもてる健全で安らかな生活を保障されるもの」とされている。また老人は,心身の健康を保持しつつ,社会的活動に参加する機会を与えられ,老人みずから参加するように努めるものとされている。この基本的理念に基づき,地方公共団体,特に市町村老人福祉の向上のための各種施策を講じている。その施策の柱としては,ホームヘルパー増員,デイサービス事業,ショート・ステイ増床などの在宅福祉対策があげられる。次に従来からの老人福祉対策として特別養護老人ホームなどの老人ホーム整備がある。 1989年厚生省 (現厚生労働省) は「高齢者保健福祉推進 10ヵ年戦略」 (ゴールドプラン) を策定し,これらの事業の整備を進めた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ろうじんふくし‐ほう〔ラウジンフクシハフ〕【老人福祉法】
老人の福祉を図ることを目的とし、その心身の健康保持や生活の安定のために必要な措置について定める法律。昭和38年(1963)施行

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ろうじんふくしほう【老人福祉法】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ろうじんふくしほう【老人福祉法】
高齢者の福祉を図るため、その心身の健康の保持と生活の安定に必要な措置について定めた法律。1963年(昭和38)制定。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ろうじんふくし‐ほう ラウジンハフ【老人福祉法】
〘名〙 老人の福祉を図ることを目的とし、その心身の健康保持や生活の安定のために必要な措置について定める法律。昭和三八年(一九六三)施行。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

老人福祉法」の用語解説はコトバンクが提供しています。

老人福祉法の関連情報

関連キーワード

グラックス兄弟時計セシウムウルトラATAグラックス[兄弟]アッタロス[3世]グラックス兄弟アッタロス3世更正登記

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation