@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

耐性菌【たいせいきん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

耐性菌
たいせいきん
resistant bacteria
抗生物質などの抗菌剤に対する抵抗性が著しく高くなった細菌耐性菌の出現には次の2つの機構があると考えられている。第1は抗菌剤が標的とする細菌の酵素あるいは蛋白質に突然変異が起き,抗菌剤がきかなくなる場合である。第2は細菌が抗菌剤を不活性化する能力を獲得した場合で,β-ラクタム系抗生物質を分解する酵素β-ラクタマーゼを生産するようになった細菌がその好例である。このような薬剤耐性を支配する遺伝子は細菌の染色体上にはなく,独立の遺伝単位であるプラスミド (細胞質にある環状デオキシリボ核酸 DNA) 上にある場合が多い。プラスミドは接合により細菌から細菌に伝達される性質がある。1つのプラスミド上に複数の抗菌剤に対する耐性遺伝子が乗っている場合があり,これを多剤耐性といい,医療上大きな問題になっている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」

耐性菌
抗菌薬(抗生物質)の使い過ぎや、菌がまだ体に残っているのに服用をやめるなど不適切な使用が原因でできる。複数の薬が効かなくなると多剤耐性菌と呼ばれ、治療の選択肢が限られてくる。MRSAのほかにバンコマイシン耐性腸球菌(VRE)や多剤耐性緑膿(りょくのう)菌(MDRP)などがあり、院内感染が広がる原因になることでも知られる。
(2016-06-26 朝日新聞 朝刊 3総合)

出典:朝日新聞掲載「キーワード」

世界大百科事典 第2版

たいせいきん【耐性菌】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

たいせいきん【耐性菌】
抗生物質や薬物に対して強い耐性を獲得した細菌。サルファ剤に対する赤痢菌の類。
物理的影響・バクテリオファージなどに対して感受性の低い菌。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

耐性菌
たいせいきん
の細菌に対して有効な薬剤がまったく無効である細菌をいう。抗生物質や代謝阻害剤など細菌に対して発育を阻害したり殺菌する作用をもつ薬剤に抵抗性を示す細菌が発生することがある。これは、遺伝子の突然変異または新しい遺伝子を獲得することによって耐性形質が発現されるわけで、このような遺伝的変化によって生じた菌が耐性菌であり、原株つまり薬剤の有効な菌を感受性菌という。病巣中に存在する多数の感受性菌のうちの1個が突然変異によって耐性を獲得すると、大多数の感受性菌が治療によって死滅するのに反してこの菌が増殖し、表面化するのが耐性菌出現の理由で、この耐性は遺伝するほか、接合、形質導入、形質転換などによって感受性菌に伝達される。すなわち、耐性菌と感受性菌とを試験管内でいっしょに培養すると、容易に感受性菌が耐性菌となる。現在、耐性が問題となっているものは結核菌、赤痢菌、ブドウ球菌などであるが、人の腸内には赤痢菌の耐性伝達を阻止する物質があり、容易には伝達されない。
 感受性菌は治療によってしだいに絶滅され、耐性菌が年々増加しており、とくに多剤耐性菌が増えている。赤痢ではほとんどが多剤耐性赤痢菌によって発病している。治療期間が長い結核などでは、治療中に菌が耐性化することもあるが、最初から耐性菌に感染して発病する場合が多くなっている。したがって、薬剤耐性菌の可能性が多い結核菌、赤痢菌、ブドウ球菌などに起因する疾患の際は、治療開始前に病原菌の薬剤感受性を調べ、有効な薬剤を選んで治療を始める必要がある。近年は結核や赤痢の場合、最初から同効異種の薬剤を少量ずつ、2種あるいは3種併用し、耐性菌の出現を予防しながら、有効な薬剤を調べたり、耐性を検査して耐性菌の出現に備えたりしている。[柳下徳雄]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

たいせい‐きん【耐性菌】
〘名〙 病原微生物で、治療に用いるサルファ剤や抗生物質に対する抵抗性を獲得したもの。
※蛙のこえ(1952)〈大宅壮一〉土「現に赤痢には、すでに耐性菌(タイセイキン)が発生しているらしい」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

化学辞典 第2版

耐性菌
タイセイキン
resistant bacteria

化学薬品,抗生物質,物理的影響,バクテリオファージなどに対して感受性の低い菌.薬剤耐性(drug resistance)の機構としては,薬剤の標的となるタンパク質の構造の一部が突然変異によって変化したために耐性になる場合や,薬剤の排出や分解に関与するタンパク質をコードする遺伝子をトランスポゾン(動く遺伝子)などによりあらたに獲得し,耐性になる場合などがある.MRSAとして有名になったメチシリン耐性黄色ぶどう球菌では,ペニシリン系抗生物質の標的となるペニシリン結合タンパク質が変異を起こした結果,抗生物質が効かなくなったものと考えられる.

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

たいせい‐きん【耐性菌】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

耐性菌」の用語解説はコトバンクが提供しています。

耐性菌の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation