@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

耐性【タイセイ】

デジタル大辞泉

たい‐せい【耐性】
環境の変化に対して適応していく生物の能力。
病原菌などが一定薬物に対して示す抵抗力

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

たいせい【耐性 resistance】
抵抗性ともいう。生物が病気,害虫薬剤高温低温,乾燥のような不利な環境条件などに対して対抗しうる性質。生物は一般にその生息場所の諸条件に対してはある程度の耐性をもっている。さもなければ生き残ってこなかったはずだから,これは当然のことである。例えば暑い砂漠に生息する動植物は,高温,乾燥の下で十分生きていけるだけの耐熱性耐乾性をもっており,寒帯高地に住む昆虫の多くは耐凍性をそなえ,また氷点下の温度でも(あるいはそのような温度条件下でのみ)活動できるものもある。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

たいせい【耐性】
環境条件の変化に耐えうる生物の性質。耐熱性・耐寒性など。
薬物の反復使用によって薬効が低下する現象。また、細菌などの病原体が化学療法剤や抗生物質の連用に対して得た抵抗性。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

たい‐せい【耐性】
〘名〙
① 困難などに耐えることのできる性質。
※西国立志編(1870‐71)〈中村正直訳〉八「屈すべからざるの耐性(タイせい)を以て飢寒を忍び」
② 生体が異質の化学的環境に対してもっている抵抗性。または、病原菌などが、一定の薬物に対して示す抵抗力。〔療養の設計(1955)〕
※闘(1965)〈幸田文〉一一「どの薬にも耐性がでて、とうとう処置なくなったのである」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

耐性
たいせい
薬剤耐性」のページをご覧ください

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

耐性」の用語解説はコトバンクが提供しています。

耐性の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation