@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

耳目【ジモク】

デジタル大辞泉

じ‐もく【耳目】
耳と目。聞くことと見ること。見聞。「耳目を広める」「耳目に触れる」
多くの人々の注意。「世間の耳目を集める」
ある人の目や耳となって、仕事を助けること。また、その人。「長官の耳目となって働く」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

じ‐ぼく【耳目】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

じもく【耳目】
耳と目。見聞。
人々の注意・注目。 世の-をひく -を集める
自分の見聞したことを知らせ、その人を補佐すること。また、補佐する人。 総理の-となる

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

じ‐ぼく【耳目】
〘名〙
※曾我物語(南北朝頃)四「しほくの及ぶ所、こくちんに遑あらず」
※翁問答(1650)上「耳目(ジボク)の聰明、四肢の恭重、行住坐臥の法則、皆孝徳愛敬の感通ならざるはなし」
※太平記(14C後)三三「さしも爪牙(さうげ)耳目(ジボク)の武臣たりしかば」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

じ‐もく【耳目】
〘名〙
① 耳と目。
※万葉(8C後)一七・三九七三・題詞「昨日述短懐、今朝汙耳目
※集義和書(1676頃)一「心は耳目手足の能なけれども、よく耳目手足を下知して尊きがごとくに候」 〔春秋左伝‐成公二年〕
② 聞くことと見ること。見聞。
※本朝文粋(1060頃)八・因流泛酒詩序〈大江匡衡〉「妙舞清歌之悦耳目、綺肴玉饌之堆杯盤
※読本・椿説弓張月(1807‐11)残「いまだ耳目(ジモク)を経ざる所は、こころもこれをしるによしなし」
③ (耳、目となって)人を補佐すること。また、その人。
※信長記(1622)一下「すなはち家老耳目(ジモク)の臣召あつめられ、将軍御帰洛の儀評議せられけるが」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

耳目」の用語解説はコトバンクが提供しています。

耳目の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation