@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

耶馬渓【やばけい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

耶馬渓
やばけい
大分県北西部,中津市中部の旧町域。山国川中流域にある。 1965年町制。 2005年中津市に編入大部分山地で,そのなかに山国川とその支流が形成した狭い平地がある。産業の中心は農林業で,米作,チャ (茶) の栽培畜産が行なわれる。国の名勝耶馬渓の中心地の一つで,古くから観光地として知られ,ほぼ全域耶馬日田英彦山国定公園に属する。犬ヶ岳のツクシシャクナゲは国の天然記念物。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

耶馬渓
やばけい
大分県北西部,日本最大の溶岩台地山国川などに浸食されてできた峡谷。国指定名勝。溶岩台地は新第三紀末耶馬渓火山の活動による変朽安山岩の上に集塊岩層を厚く堆積し,その後,性質を異にする新耶馬渓溶岩の流入で東部に大規模な台地を形成。さらに,阿蘇溶岩がその上を薄く覆う。山国川の本流および支流は直立する節理と,もろく不均質な層理に沿って浸食し,雄大な渓谷美と奇岩怪石の連なる岩石美をつくりだし,アカマツや広葉樹の林とよく調和している。頼山陽によって世に紹介され,1950年日田盆地や英彦山とともに耶馬日田英彦山国定公園に指定された。競秀峰山腹の青ノ洞門は特に有名。本耶馬渓(山国川中流),深耶馬渓(山移川),裏耶馬渓(金吉川)などがある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

やば‐けい【耶馬渓】
大分県中津市を流れる山国(やまくに)川の渓谷。溶岩台地を浸食した奇岩秀峰の景勝地。本耶馬渓は青ノ洞門付近から柿坂付近までをいい、上流の奥耶馬渓、支流の羅漢寺渓・深耶馬渓・裏耶馬渓なども含めていう。頼山陽の命名。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

やばけい【耶馬渓】
大分県北西部,山国川の中・上流域一帯の渓谷。この地域は,形成の時期を異にする豊肥火山活動期の溶岩(耶馬渓溶岩)が幾重にも堆積した日本最大の溶岩台地であり,これを山国川の本・支流が深く浸食して,独特な地形を展開している。山国川本・流筋は本耶馬渓と呼ばれ,凝灰角レキ岩からなる耶馬渓層が卓越する。浸食によって急崖,岩柱,奇峰,石門などの見られる旧耶馬渓式風景を作り出している。青ノ洞門の見られる名勝競秀峰(きようしゆうほう)はその代表的なもので,他にも賢女ヶ岳(けんによがたけ),朝天峰,七仙巌(しちせんがん)などがある。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

やばけい【耶馬渓】
大分県北西部、山国川上・中流の渓谷。溶岩台地と集塊岩山地の浸食によってできた景勝地。本耶馬渓・裏耶馬渓・深耶馬渓などからなる。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

事典・日本の観光資源

耶馬渓
(大分県中津市)
新日本三景」指定の観光名所。

出典:日外アソシエーツ「事典・日本の観光資源」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

耶馬渓
(大分県中津市)
日本百景」指定の観光名所。

出典:日外アソシエーツ「事典・日本の観光資源」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

やば‐けい【耶馬渓】
大分県北西部にある峡谷。山国川が溶岩台地をきざみ、岩石美・森林美・渓流美を備える。本耶馬渓・深耶馬渓・裏耶馬渓・奥耶馬渓などに分かれる。耶馬日田英彦山(やばひたひこさん)国定公園の一中心。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

耶馬渓」の用語解説はコトバンクが提供しています。

耶馬渓の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation