@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

聖愛と俗愛

デジタル大辞泉プラス

聖愛と俗愛
イタリアの画家ティツィアーノ絵画(1515)。原題《Amor sacro e amor profano》。『聖なる愛と俗なる愛』とも呼ばれる。ベネチア派最大の画家ティツィアーノによる初期傑作の一つ。愛と美の女神ヴィーナスの着衣像と裸体像左右に描かれている。ローマボルゲーゼ美術館

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

せいあいとぞくあい【聖愛と俗愛】
《原題、〈イタリアAmor sacro e Amor profanoティツィアーノの絵画。カンバス油彩。縦118センチ、横279センチ。ベネチア共和国書記官の結婚を記念して制作。聖愛を象徴する赤い布をまとった裸身の女性、俗愛を象徴する白い衣服を着た女性、およびキューピッドが描かれる。ローマ、ボルゲーゼ美術館所蔵。聖なる愛と俗なる愛。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

聖愛と俗愛」の用語解説はコトバンクが提供しています。

聖愛と俗愛の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation