@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

聖戦【せいせん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

聖戦
せいせん
holy war
宗教的イデオロギーにより鼓舞され遂行される戦争。歴史的には 11世紀末~13世紀にかけて,ローマ教皇十字軍を組織して行なった戦争や,イスラム教国の版図拡大戦争を典型とする。第2次世界大戦後のアメリカ,ソ連を中心とする二大陣営の対立下で,両者が自由主義あるいは共産主義体制の絶対的優位性を信じて,他者を屈服させようとした冷戦状況も,一種の聖戦イデオロギーの表われであった。日本では第2次世界大戦中,この言葉が国家総動員スローガンとして使われた。イスラム世界ではジハード jihād (本来の意味は努力) といい,近年では,80年に勃発したイランイラク戦争や 91年の湾岸戦争も聖戦として位置づけている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

せいせん【聖戦 holy war】
古代オリエントに一般的な信仰によると,神々がみずから戦争を指揮して戦い,勝利を収めると考えられた。シュメール人は,都市国家間の争いを各都市の所有者である神々の争いと考え,アッシリア人は,アッシュール神が遠征命令を下し,王とともに戦場で戦うと信じた。古代人にとって,敵に勝つことは単なる世俗的事件ではなく,自然・人間界の秩序を破壊する悪の力を克服することを意味した。ウガリト神話は,主神エールやバアルが神々の集会を指揮して混沌の力と戦い,勝利を収めたことを語る。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

せいせん【聖戦】
宗教的に神聖とみなされる目的のために戦われる戦争。また、正義の戦い。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

せい‐せん【聖戦】
〘名〙
① 神聖な戦争。正義を守るための戦い。
※黒船前後(1933)〈服部之総〉撥陵遠征隊「三名の仏人宣教師が、この『聖戦』の案内役として」
② (jihād の訳語) イスラム世界における異教徒の改宗および勢力防衛・拡大のための戦い。コーランではイスラム教徒の重要な義務とされる。ジハード。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

せい‐せん【聖戦】
神聖な目的のための戦争。
ジハード

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

聖戦
せいせん

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

聖戦」の用語解説はコトバンクが提供しています。

聖戦の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation