@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

聖週間【せいしゅうかん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

聖週間
せいしゅうかん
Hebdomada sancta; passion week
キリストの受難と死とを偲び,復活祭への準備として罪を反省する,枝の祝日から復活日の前日までの1週間をいう。聖木曜日最後の晩餐の記念を経て聖金曜日最高潮に達し,聖土曜日は主の墓中,古聖所の滞在を記念する。キリストの受難に関する福音書の記事は,原始キリスト教の教会典礼のうちに起源をもつと考えられるが,受難記事に基づく聖週間の典礼が発達したのは4世紀のエルサレムであって,キリストの受難地への巡礼者たちの要求に答えるものであった。4世紀の『エテリアの巡礼』という文書には,この受難の記事による各種の行事がかなり整えられていたことが記されている。元来は金曜日と土曜日の2日のみであったが,のちにユダの裏切りの日として水曜日が加えられ,3世紀の初めには残りの週日も加えられた。かつて厳格な断食 (水とパンだけ) をしたが,ところによっては現在でも最後の2日間は完全な断食が守られている。日本ではの水曜日と聖金曜日の大斎小斎がカトリック教徒の間で守られている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

せい‐しゅうかん〔‐シウカン〕【聖週間】
キリスト教で、復活祭前日までの1週間。イエス=キリストの受難を記念する重要な週とされる。聖週。受難週

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

せいしゅうかん【聖週間 Holy Week】
キリスト教の教会暦における四旬節の最後の週,すなわち受難の主日(枝の主日)からの1週間をさす。キリストの復活を祝う前に,その受難と死を記念するので受難週ともいう。主の受難と死と復活を一夜にして祝う復活徹夜祭が,やがて聖木曜日の主の晩餐から3日間にわたって祝われるようになり,聖金曜日には主の死が記念され,十字架崇拝賛美が行われた。復活徹夜祭と合わせて,これを〈聖なる3日間〉という。聖週間の典礼は,エルサレムから起こったもので,エテリアEtheria(またはエゲリアEgeria)が400年ころ書いた《聖地巡礼記》に詳しい。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

せい‐しゅうかん ‥シウカン【聖週間】
〘名〙 キリスト教で、キリストの受難を記念する重要な週。エルサレム入城の棕梠(しゅろ)の日曜日から復活日の前日までの一週間。春分の日から四月二五日までの最初の満月がある週をいう。受難週。→復活祭。《季・春》

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

聖週間」の用語解説はコトバンクが提供しています。

聖週間の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation