@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

【れん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典


れん
lien
中国で,対句を書いたり刻んだりした細長い札のこと。中国では装飾として,柱に左右対称にして掛けたりした。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

れん【×聯】
[名]
書や絵を書き、または彫刻して、柱や壁などの左右に相対して掛けて飾りとする細長い板。対聯。
漢詩で、律詩の中の対句の称。聯句。
詩のいくつかの行をまとめてくぎったもの。「第三
[接尾]れん(連)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

れん【聯】[漢字項目]
[音]レン(呉)(漢) []つらなる つらねる
一つながりになる。つらなる。「聯合聯盟聯絡関聯
対等に並ぶ二つの詩句。対句。「聯句頷聯(がんれん)頸聯(けいれん)尾聯
書画を分けて書き、左右一対で柱などに掛けるもの。「柱聯
[補説]1は「」と通用する。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

れん【聯 lián】
中国で,2句でひと組の表現を一種の装飾として屋内や屋外に掲げたもの。たとえば門柱戸口家屋内壁や外壁などに書きつけ,または木札・紙片に書いて掛けたり貼ったりする。〈爆竹一声除旧歳 桃符万戸換新春(爆竹一声 旧歳を除き 桃符万戸 新春に換わる)〉のように,両句は必ず同字数で,5字句・7字句を主とするが,4字句の場合もしばしばあり,字数の多いものは百数十字に達する。また両句は全体的にも部分的にも,意味上,語法上,同一構造であることを要し,爆竹と桃符(2字の名詞),一声と万戸(数字を含む2字の名詞),除と換(動詞),旧歳と新春(2字の名詞)というように,それぞれ対になる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

れん【聯】
[1] 〘名〙
① 詩句または絵をかき、また彫刻して、柱や壁などの左右に相対して掛けて飾りとする細長い板。対聯。
※俳諧・葎亭句集(1801)冬「黄蘗の聯のからびや冬木立」
② 漢詩で、律詩の中の二句ずつの称。八句の律詩では、はじめから首聯・頷聯(がんれん)・頸聯・尾聯と呼ぶ。聯句。
※詩学逢原(1763)上「然ども是は一句一聯の事なり」
③ (②から転じて) 詩を数行ずつまとめてくぎった部分。節(せつ)
※考察の秋(1922)〈北原白秋〉粗雑なる表現の一例「この詩の三聯に於て」
[2] 〘接尾〙 ⇒れん(連)(二)

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

聯の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation