@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

聴衆【チョウジュ】

デジタル大辞泉

ちょう‐じゅ〔チヤウ‐〕【聴衆】
《「ちょうしゅ」とも》
説法・講説などを聞きに集まった人々。
「―も心ならず各別に礼讃をしき」〈一言芳談
法会の際、講師(こうじ)の講説を聴聞する。講師と問者(もんじゃ)以外の僧。
「―二十人、講師三十人召し集めて」〈栄花・疑ひ〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ちょう‐しゅう〔チヤウ‐〕【聴衆】
講演や音楽などを聞きに集まった人々。
ちょうじゅ(聴衆)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

ちょうじゅ【聴衆】
ちょうしゅとも
説法や講説を聞く人々。 ある時には又行幸もあり-法用寺々に分かち召し/三宝絵詞
法華八講などの講会こうえに参列する僧衆の中で、講師と、講師に質問する問者以外の者。 -二十人講師三十人召し集めて/栄花

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ちょうしゅう【聴衆】
講演・音楽などを聞いている人人。ききて。 → ちょうじゅ聴衆

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ちょう‐じゅ チャウ‥【聴衆】
〘名〙 (後世は「ちょうしゅ」)
① 説法・講説などを聞きに集まった人たち。ちょうしゅう。
※観智院本三宝絵(984)下「ある時には又行幸もあり聴衆法用寺々にわかち召し供養荘厳つかさつかさにつとめつかふまつる」
② 法会の時、えらばれて講師(こうじ)の講説を聴聞する僧。役僧である講師・問者(もんじゃ)(=問難する役)以外の僧。ちょうしゅう。
※御堂関白記‐寛弘九年(1012)五月一九日「布施〈略〉聴衆絹五疋・米十石」
③ (②がすわる所であるところからいうか) 帳台、床子などを用いないで、床に畳や敷物を敷いて着く座。平敷きの座。平座(ひらざ)
④ 芝居の観客。
※俳諧・誹讔三十棒(1771)「暮合より、ゑいとうゑいとうの御聴衆座元、とくら、にしげんは申に及ず」
[語誌]「衆」は呉音がシュ、漢音がシュウ。古く「色葉字類抄」では「聴衆 チャウジウ」とするが、「饅頭屋本節用集」は「チャウジュ」であり、江戸期までは連濁の読みが多い。ただ、文久三年刊の「江戸大節用海内蔵」など江戸後期の節用集類には「チャウシュ」とする例も少なからず見受けられる。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ちょう‐しゅう チャウ‥【聴衆】
〘名〙
① (古くは「ちょうじゅう」) =ちょうじゅ(聴衆)①②〔色葉字類抄(1177‐81)〕
② 演奏、講演などを聞きに集まった人たち。聞き手。
※内地雑居未来之夢(1886)〈坪内逍遙〉一〇「比喩例証の適切なるが為に、不学の聴衆(チャウシュウ)も体屈を覚えず」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

聴衆」の用語解説はコトバンクが提供しています。

聴衆の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation