@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

職務命令【しょくむめいれい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

職務命令
しょくむめいれい
行政組織上,公務員職務に関し上司部下の公務員に対して発する命令文書によると口頭によるとを問わない。公務員は,適法な職務命令には忠実に従わなければならず (国家公務員法 98条1項,地方公務員法 32) ,これに違反すれば懲戒 (→懲戒処分 ) の対象となる。公務員を,その職務に関して個人として拘束するにとどまる点で,訓令と異なる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

しょくむ‐めいれい【職務命令】
上司が部下の公務員に対して職務を指揮するために発する命令。訓令通達のほか、口頭による命令など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

しょくむめいれい【職務命令】
階統制をなした組織において上級者が下級者に対し,その職務の遂行のために発する命令をいう。職務命令という用語は主として公務員関係において用いられ,私的労働関係においては業務命令と呼ばれることが少なくないが,その本質的性格は同一である。いわゆる一般職の公務員は,現行法上,〈上司の職務上の命令に忠実に従わなければならない〉とされている(国家公務員法98条1項,地方公務員法32条)。この場合の〈上司の職務上の命令〉が職務命令である。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

しょくむめいれい【職務命令】
上司が部下の公務員の職務を指揮するために出す命令。原則として、拒むことができない。民間の組織の場合は業務命令と呼ばれることが多い。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

職務命令
しょくむめいれい
上司が部下の公務員に対し、広くその職務に関して発する命令の総称。書面(訓令、通達)によると口頭(訓示)によるとを問わない。行政組織は上下の命令服従関係を構成しつつ一体となって行政目的を追求する関係にあるから、公務員は上司の適法な職務命令に服従する義務があるだけでなく、違法な職務命令にも服従しなければならない。ただし、犯罪となるような行為を命令するなど、その違法性が重大で明白な場合には無効なものとして服従を拒否することができるし、拒否しなければならないことはいうまでもない。なお、職務命令の効力は直接、抗告訴訟で争うことはできず、他の訴訟の前提問題として、たとえば職務命令不服従を理由とする懲戒処分の取消訴訟においてだけ争うことができる。[阿部泰隆]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しょくむ‐めいれい【職務命令】
〘名〙 上司が部下の公務員に対して職務を指揮するために発する命令。訓令・通達のほか、口頭によることもある。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

職務命令」の用語解説はコトバンクが提供しています。

職務命令の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation