@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

職務権限【しょくむけんげん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

職務権限
しょくむけんげん
通常は職務基礎として権限を考察するという考え方に基づき,そのような意味において「職務上の権限」という程度の内容を示す。そしてこのとき職務の範囲と程度とがその中心的内容となる。職務の範囲については,職務を規定することにより同時に明確化されるものであり,この意味で職務の規定は実はそのまま職務の範囲の規定にほかならない。ただし職務権限については職務自体の詳細な内容的規定よりも,むしろほかの職務との関係をふまえてその範囲を明らかにすることが重要である。すなわち職務自体の個別的な活動およびそれをいかなる方法で遂行すべきかということを明らかにすることより,職務の範囲を明確化することがより重要となる。組織管理という見地からは,「職務権限明細書」というものが作成され,上記目的のために利用される。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

しょくむ‐けんげん【職務権限】
官公庁、大企業等で役職に応じて認められた権限。また特に、公務員が、その職務を執行する権限。「臨時職員採用の職務権限は各本部長にある」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

職務権限
しょくむけんげん

公務員等が、その職務上の地位に伴いなしうる活動の根拠または範囲。職務権限は、法令に定められていることが多いが、かならずしも法令に直接の規定があることを要しない。この職務権限に属する行為を職務行為という。刑法上、職務権限の有無が犯罪の成否を左右する場合がいくつかみられ、たとえば、職務行為は違法性阻却事由(違法性の認定が排除される特別な事情)の一つとされるが、公務員が職務権限を逸脱・濫用して違法行為を行えば汚職の罪(職権濫用罪、賄賂(わいろ)罪)にあたる。1976年(昭和51)のロッキード事件や88年のリクルート事件では総理大臣や政治家の職務権限が問題となった。

[名和鐵郎]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しょくむ‐けんげん【職務権限】
〘名〙 公務員などが、その職務上の地位に伴い有する権限。職権。
※郡制(明治三二年)(1899)四章「郡官吏郡吏員の職務権限及処務規程」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

職務権限」の用語解説はコトバンクが提供しています。

職務権限の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation