@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

聾唖【ろうあ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

聾唖
ろうあ
高度の難聴で,日常生活に重大な支障をきたすようなもの (通常会話域の平均聴力損失が 90dB以上) を「」といい,それが原因で話す能力を失った場合を「」という。先天的な聾による先天性聾唖と,4~5歳頃までに聾となり,それまでに習得した言語を忘れてしまう後天性聾唖とがある。後天性聾唖の原因には髄膜炎,各種感染症,外傷薬物中毒などがあげられる。完全な治療方法はないが,社会適応をはかるために言語教育に重点をおいた聾教育が必要となる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ろう‐あ【××唖】
耳の聞こえないことと、言葉を話せないこと。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ろう‐あ【聾唖】
〘名〙 耳が聞こえず、ことばが話せないこと。
※物理学と感覚(1917)〈寺田寅彦〉「もし世界中の人間が残らず盲目で聾唖であったら」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典

聾唖
 →聴唖

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

聾唖」の用語解説はコトバンクが提供しています。

聾唖の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation