@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

肉桂【ニッキ】

デジタル大辞泉

にっ‐き〔ニク‐〕【肉×桂】
《「にっけい」の音変化》ニッケイの、主に樹皮を乾燥したもの。独特の香りと辛味があり、香味料などにする。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

にっ‐けい〔ニク‐〕【肉×桂】
クスノキ科の常緑高木。葉は長楕円形で光沢がある。夏に淡黄色の花が咲き、果実は黒く熟す。中国・インドシナの原産で、日本には江戸時代に中国から渡来、暖地で栽培される。樹皮を漢方で桂皮・桂枝ともいい薬用に、また香味料に使う。にっき。
クスノキ科クスノキ属のニッケイ・シナモンカシアなどの総称。特有の芳香がある。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

にっけい【肉桂】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

動植物名よみかた辞典 普及版

肉桂 (ニッケイ・ニクツキ)
Cinnamomum loureirii
植物。クスノキ科の常緑高木,園芸植物,薬用植物

出典:日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

にっ‐き ニク‥【肉桂】
〘名〙 (「にっけい(肉桂)」の変化した語) =にっけい(肉桂)
※アメリカひじき(1967)〈野坂昭如〉「子供はまたそれをニッキ噛むみたいに」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

にっ‐けい ニク‥【肉桂】
〘名〙
① クスノキ科の常緑高木。中国の雲南省、ベトナムなどに自生し、日本へは享保年間(一七一六‐三六)に渡来、暖地で栽植される。高さ約八メートル。樹皮は緑黒色。葉は対生し、長さ七~一二センチメートルの卵状披針形で、三本の目立った葉脈が走る。夏、葉腋から長い花柄を伸ばし、黄緑色の小花をつける。果実は長楕円形で黒く熟す。樹皮・根皮を乾燥したものを肉桂皮といい健胃薬や香料に用いる。葉から香水をつくる。漢名は、肉桂、牡桂、玉桂で、桂は慣用名。〔易林本節用集(1597)〕
② ①の根の皮。乾燥して嗜好あるいは生薬、香料に用いる。にっき。〔運歩色葉(1548)〕
※浮世草子・本朝桜陰比事(1689)四「肉桂(ニッケイ)を立木の皮の中へ籠らせ置ば」
[語誌]古くは「桂心」という名で正倉院文書中の「買物申請帳」などに現われる。当時は薬品として中国から輸入されていた。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

にく‐けい【肉桂】

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

肉桂」の用語解説はコトバンクが提供しています。

肉桂の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation