@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

肉襦袢【にくじゅばん】

世界大百科事典 第2版

にくじゅばん【肉襦袢】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

にく‐ジュバン【肉襦袢】
〘名〙 (ジュバンはgibão)
① 演劇、特に歌舞伎で、俳優が舞台で肌をあらわす時に用いる、肌にぴったりした肌色のジュバン。刺青を描いたものや綿を入れて肥満体に見せるものもある。肉色襦袢。肉。
※ふらんす物語(1909)〈永井荷風〉蛇つかひ「肥り肉の身は真裸体かと思はれる薄色の肉襦袢(ニクジュバン)に」
② (色に関係なく)肌にぴったりしたジュバン。
※あめりか物語(1908)〈永井荷風〉夜半の酒場「逞しい筋肉を其のまま見せた肉襦袢(ニクジュバン)の四五人が」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

肉襦袢」の用語解説はコトバンクが提供しています。

肉襦袢の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation